初期衝動浦和レッズROAD
浦和レッズサポーターの自分用メモ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天皇杯決勝 浦和対清水 @国立 ~書き残し編~

本編はこちら。その書き残りをつらつらと。

アレックスの後半最後にペナ付近までドリブルして来た時、
右足のシュート一瞬頭によぎったべ?

準決勝大宮戦で右足で強烈なシュート2本。
試合後のコメントで
「右足でもやれるってことを見せれたら、
 相手も迷うしやりやすくなる。次は決めたい。」
みたいなことを言って、練習の時とか
「右で決めろよー」とか冷やかされてたらしいし。

シュートいこうとしたときに、どっちで蹴るか迷った感あり。



赤星のボールキープは秀逸。
くるくる回ったり、コーナーでキープしたりとナイス!
あと、あのフリーでうったシュート決めたら完璧だったのにね。
まず1点だね。来シーズンは。


試合前に、エスパルスサポと、ベレーザサポがお互いのコールしてた。

あ、あとエスパルスの応援。楽しそうにやってんだけど、
サポの参入障壁高くない?踊りとかあるし。
レッズも手拍子のタイミングとかよく分からん奴あるが。

試合後の全選手コールの時に
エスクデロの新しいコールをやった。
CL:「来年まで覚えておいて下さい!」 orz無理。
セール!セール!セール!と手拍子だったような。


アウェイの自由の開け方がイマイチ。
バックよりの3ブロックを、キープしといて、
客の入りを見てどちらかに開放して行くといった感じ。

開門直後に1ブロック。
昼過ぎに1ブロック。
試合前に1ブロック。
とじょじょに開けていったのですが、

どーせ全部あけんだから、最初からレッズに開放しとけよ!と。
あとからたまたま来た人がアウェイとはいえいい席座るのはねぇ?
先に来てた人かわいそうじゃん。
エスパルスのサポが後からわんさかくるわけないし。


パル君動き派手だね。
レイザーラモンやってたし、パルノボリもやってたしね。

始めブーイングしたろー思ってましたが、
ちょっと好きになっちゃいました。

あ、あとレディアって嫁の方かと思ってました。
レディアが旦那でフレンディアが嫁ね。

レッズの天皇杯の5試合全試合90分で2点入れてる。
大宮戦で追いつかれなければ完璧だったのに。

君が代斉唱で、歌ったの誰だっけ?
サポがつっこみ目(やや早め)で歌ってるのに
つられてはやくなってなかった?

スポンサーサイト


天皇杯決勝 浦和対清水 @国立

浦和レッズ ー 清水エスパルス
  2   -   1
(前半1-0)

得点
39分 堀之内 聖
73分 トミスラフ・マリッチ

76分 市川 大祐



明けまして浦和レッズ!

本年も浦和レッズ!



うーん。最高の正月だー。毎年これがいい。家で義務的に正月料理たべさせられるより、国立にいるほうが最高だー!


準決勝終わった時点で、国立競技場の千駄ヶ谷門にはガムテ張りがすごかったらしいが、自分はチームとか入ってないし、いないのに順番だけって、好きじゃないので当日の朝始発で向かう。

伊勢崎線なんで、浦和方面より遅いかと思いますが、始発にもいますよ赤い人達。すげー。まだ夜もあけてないのに。

途中秋葉原で寝過ごし降り損ねるハプニングもありつつ、国立についたのは、6:20。もう数千人のサポが並んでいて、どこが最後尾かわからない始末。

前日までにガムテした人で600番以上だったかな?中には20人とかのチームも多数あるし、自分より早く来て並んでる人も数百人いて、自分の順番としては1000番代後半~2000はいかない感じかと思われます。


スタメンは、
   マリ
 ポン ヤマ
アレ    岡野
 ハセ 酒井
坪井 ホリ 萌
   都築

SUB:山岸、南、横山、永井、赤星


啓太がイエローの累積で出場停止で、酒井が入ってサブで南。

エスパルスは4-4-2かな?
スタメン発表でブーイングがすごかったのが、森岡、伊東、チョジョジン。 てかブーイングすごくて、誰の紹介してるかよくわからんかったけどね。 あ、あとなぜかホームから先に紹介された。

サブに、市川とか北嶋とか懐かしい名前があった。



試合開始。いきなり攻められ、岡野のマークがおっつかず、フリーでシュート打たれる。誰だあれ?危ない。。。


前半~後半に1人退場するまでのエスパルス見てると、なんでこんないいサッカーしてて、15位なの?とはなはだ疑問。

ディフェンシブに来るのかと思いきや、中盤からプレスかけてきて、ガンガン攻めてくるし、レッズの選手の動きが少ないし、フォローがなかったシーンも多かったけど、それ以上にエスパルスの選手のデフェンスがよかった。

しかもガシガシ削ってきた。そして上川とらねぇし。ポンテがヘディングで競っただけなのにファウル取るくせに、同じ事レッズがやられてもとらねー感じ。相変わらずあいまいな判定基準。

抗議に対するイエローは相変わらずすぐ出すのにね。平松しかり、マリッチしかり。

攻められながらも、レッズのDF陣もよくがんばって、クロスあげられてから体を張って守る。


そして得点が生まれたのが前半39分のコーナーキック。

右からポンテがキック→ホリヘッド!!

これは、清水DFに蹴り返されるも奪ったのはアレ。左のヤマにパス!センタリングが敵の足にあたって拾ったのはアレ。ダイレクトで中に!
ホリノウチが再度飛び込んでヘディング!!

ゴーール!!


ほ・り・のうち!ほ・り・のうち!

いやーいい時間に点取ったよー。


最近やっと気がついたんだけど、局所的な勝負になるとレッズの選手強いんだよね。 プレスかけて、相手もたくさんいるけど、こっちもいっぱいいるような時に、ボール奪うの得意だし、そのなかでもボール繋げるし。

何がいいたいかというと、ミニゲームに強い(のかな?)ということ。


練習の基本はミニゲームのようだし。そんな展開になると絶対にまけない気がする。セットプレイもごちゃっとしたとこから、抜けたり、マークきったりする瞬間的動きて点取るしね。

逆に、ひろーく展開してる時ってのは、ちょっと弱め。準決勝のアルディージャみたいに、相手が守りに入っててボール奪いにこない。ような状態だと、お互い選手間に動きがなく、攻めあぐねる感じ。

あと、相手陣地でボール回せてポゼッションが高い要因の一つが、ゴール前の人の薄さがあるかもしれない。囲むように4-5人いるんだけど、中にいるのはマリッチだけ。

だからボールは、回るし、サイドから切り崩したりできる時もあるけど、中が薄いから点につながってない。というケースが昨日もけっこうあった感じがする。

それに大して、エスパルスは中に3人位はいることが多く、簡単にレッズに取られることなく、エスパルスの選手に当たることがたくさんあるので、レッズとしてひやひやするシーンがたくさん作られた気がする。


後半はいきなしの大チャンス!
敵のクリアミスを拾ってヤマが独走。
キーパーと1対1になって、ちらりと中を見て、シュー!

が、キーパー正面(ーー;)

キーパー交わしにいっても、相手DF1人で、ヤマ・マリッチがいたのでよかったかもなーなシーン。

「これ、流れかわるよー」

と隣の人が言ってましたが、ここからレッズが大ピンチの連続。コーナキックのこぼれだまをフリーでヘディングされたり、あと一歩で合わなかったシーンなど、前半に引き続き、いい攻める守備からゴールを脅かす清水エスパルス。

岡野OUT赤星IN.で右にヤマが入って、シャドーに赤星。岡野は守備に奔走してたので、安定したヤマに変えたのと、ボールをおちつかされるためかな。

そのすぐ後に、、
ハセからポンテへパス。
ポンテが赤星に戻して、ワンツーでポンテに。。。

折り返して、、、


マリッチ!!


決めたよマリッチ!

マーリッチ!マーリッチ!

さいこー。


が、この直後にコーナーから1点返される。だけど、都築蹴りくらってんじゃん!ねぇ?上川。


もー、大宮戦みたいなことにはしたくない!とイマおれらにできるのは声を出すことだけだと、怒涛の応援。

残り15分。。。残り10分。。。。残り5分。。。。ロスタイム3分。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


試合終了のホイッスル!!


浦和レッドダイアモンズ天皇杯優勝!!!


泣いた。浦和レッズ!とコールしながら号泣です。
2005年惜しいところまでいって、なかなか獲れなかったタイトルが最後の最後でやっとです。

表彰式、ウイニングランと喜びをかみしめ、選手が控え室もどってからは、マリッチコールを20分以上?俺達の声が足りないからだー!
とひたすらひたすら。

コールの最初をメイン指定や、バック指定の人達に始めたりもして面白かった!指定でも声出しまくりな人がたくさんいるレッズサポすげぇ!とみんな微笑んでた感じ。

その後無事マリッチが現れてくれて、カクさんにユニプレゼントして、サポからタオルがいっぱい投げ込まれて。。。おじぎいっぱいして、バンザイして。。。


ありがとうマリッチ。忘れません。


ここからは、レッズサポ貸し切りの国立競技場。

今期TOPでゲームでた全員の歌、コールを歌う。(千島って出たっけ?)至福の時間。


レッズサポでよかったー。
今年もよろしくおねがいします!!

天皇杯準決勝 大宮対浦和 @国立 

大宮アルディージャ - 浦和レッズ
     2    -   4
(前半1-1 後半1-1 延長0-2)

得点
23分 トミスラフ・マリッチ
26分 片岡 洋介
62分 長谷部 誠
89分 冨田 大介
95分 山田 暢久
102分 長谷部 誠


もー。。。一回書いたのが途中で消えたんで手抜きがちな記事になるかもです。


天皇杯準決勝を前にジュニアユースの全国大会決勝がありました。

レッズJrユース、高円宮杯第17回全日本ユース(U-15)サッカー選手権、初優勝!


試合後、カップやら盾やらをもって挨拶に来てくれた図↓
jryuothyushou.jpg


カップを、コールリーダー角田さんに掲げてもらって、元日にこれを再現できるように今日は勝つ!と気合入ります。


ジュニアユースとは言えレッズの決勝。そして相手はFC東京U-15深川 そう瓦斯。瓦斯サポも数百人応援に来てましたが、こっちは数千人です。中学生にあのブーイングはこたえるべ。

試合は、レッズの圧勝。ボール支配し攻めまくり。

目立ってたのは10番の田仲君。彼が一番会場をわかせてました。トップ下で、ドリブルにパスにとさながらポンテ。(ほんとは中村俊介ぽかった)個人的にはセンターバックの4番かな?の子の安定感も好きでした。



そして本番の天皇杯の試合前↓
renshu.jpg


うわさの、”無敗のぼり”も出てます。で確か練習の時だったと思いますが、

「7月9日は何の日?」

という弾幕が出てました。
覚えてないけど予想はつく。

Jリーグ第15節の浦和ー大宮@埼スタの日でしょ?
その借りは、28節で返したじゃないですか?

ナビスコでも2戦ともレッズの勝ちだし。
1回だけ勝てたのがとてもうれしかったのですね?

大分とかにやられたら2敗したし屈辱だけどなー。大宮にやられても(ry


スタメンは前節の川崎戦とキーパーが変わって、ベンチで永井復活。
   マリ
 ポン ヤマ
アレ    岡野
 ハセ 啓太
坪井 ホリ 萌
   都築

SUB:山岸、酒井、横山、永井、赤星


大宮は、4-4-2たぶん。


開始早々、桜井がケガでOUT。ブーイングすべき相手がいなくなるのは、ちょっと拍子ぬけ。

試合は大宮は守るだけど、つっこんで取りにこない。だから展開がうまれず、ボールを持たされてる感じのレッズ。それなりに回ってるし、それなりに、攻めてるんだど。。。という開始15分。


それを打開したのがーーー


サムライ・マリッチ!!!


ポンテのコーナーをニアにつっこんでヘッドで押し込みました!

コーナーで堀之内コールしたのってこの時だっけ?コーナーで堀之内コールした時にマリッチ決めた気がするぞ!?コールの直後だったか、その次だったかはあいまいだが。


がー!その直後に、ポンポンボール回されて攻められ、啓太のカミソリタックルが大宮の選手へ。イエローでて累積2枚目orz決勝出れません。

このフリーキックがけっこういい位置。壁に大宮の選手が入ってます。で森田も入ります。ごちゃごちゃ。合わせそうな選手は誰もいません。直接打つ気満々です。

いやーな予感がします。J29節の川崎戦でマルクスに決められたやつ。


と思ってたら、ちょこっとだされて、岡野のスライディングも間に合わず、ガツンと打たれ、都築の手も届かずポストに当たってゴール。


うーん。前回みたいに壁の穴を思いっきり抜かれたわけじゃないし、ちょいパスからだしなぁ。これは仕方ないのかなぁ?岡野以外にもう一人くらいつっこん欲しいところでしょうか。コースもよかったし都築でも取れない。

これで1-1の振り出しです。やな空気。

こっから、後半途中までは、また膠着。攻めるんだけど、持たされてる印象のレッズと、リスクかけてまでボール奪いにこないものの、確実にボールに寄せてくるアルディージャ。


が、こちとらアレックスやねん!と左サイドからセンタリング、合わせるのは走りこんできた長谷部。スライディングで当てて、ワンバンしておーきくはずんで、ボールはネットに転がり込む!!

キター!!キター!!


これで勝ちムード(これがマズかったと思われ)あと20分守りきれば。。。。と思ってましたよ正直。でも、大宮が普通に攻めて点取れるきがしないんだもん。セットプレイ集中すればだいじょうぶ?と思ってました。すいませんm(__)m

誰かがどっかからあげたボールを、キーパーと競り合う33番(若林)、こぼれたところをヘッドで流し込まれるorz。

あれ、キーパーチャージじゃないの?都築半ギレで、大宮の選手押し倒そうとしてたな。

あー。やられましたよ。延長ですよ。決勝まで中2日だってのに。しかもポンテOUTしちゃってますよ。


でも、その延長は長谷部祭でした。


延長開始早々は、速攻から3対3の状況で長谷部がペナルティエリア入るかくらいのところから、左に走ってたヤマにパス。ヤマが右足で遠いサイドにビューティフルシュート!

この試合、ヤマのパスミスがけっこう目だってて、おーーーーいヤマーーーーーー!!と言われてましたが、これで帳消し。

本人も、「仕事したの得点シーン前後だけですよ」とか言ってたしね。


で、魅せてくれました長谷部誠。

ボールを奪って、前を向き、センターラインを超え、DF2人を振り切り、マリッチへパス?パス?と何度も見せかけ、結局ゴール前まで走りぬきシュートを振りぬく!!


もうねー。伝説ですよ。きっと。このシュートは。


ポンテOUTで酒井入って、長谷部がトップ下はいっったんですが、めちゃ気合入ってたし。ボランチの時より気迫がすごく見えた。スライディングとかで、ボールカットしにいくし、攻めると時のドリブルとか気迫だし。

長谷部も元日家族を招待してるらしいしいしね。ここは絶対勝つ!という気合が見えた。あと、代表召集も気合の原因か?小笠原を負かしてきておくれ!

ひさびさに長谷部のゴールを生で見て、長谷部ユニとしてはうれしい限り。チキチキバンバンの応援歌のエントリー書いて以来、代表選出といい、この準決勝といい長谷部づいてます!


あ、書きもれ。アレが2本ほど右足でシュート打ってました。しかも枠に。できんじゃん!!って感じ。一本でも決めたら左だけケアすればいい!という意識じゃなくなるだろうから、もっと攻め易くなるんでないかい?

後半途中から岡野に代わって右サイドに入った永井ですが、まだキレはいまいちな模様。ちょっとおそるおそるプレイしてた感じがしました。

細貝は、前半狙われてましたが、前回よりよくなった気がする。バックラインでのボール回しのちゃんとできてたし。

ポンテは、疲れた?よかったけど、もっといい凄いプレイができるだけに不満が残る。

岡野は、2人に囲まれてドリブルしかけるのはちょっと無理かなぁ?ってシーンがちょっとありましたが、レッズってサイドにボールが回った時にフォローないことがおおいので、仕掛けるしかない状況になってる気がする。まあ成功して大チャンスになることもおおいので、いいんですが、萌や、啓太あたりが、ボールもらえる位置までいると、もっとオプションが増えていいかもしれないと思いました。

赤星は、ボール持つとわくわくするわー。なんかやってくれそうな空気がある。今日はもうちょいでシュートいけたシーンがあったなー。

勝利の挨拶に来てくれるところ↓
20051225win.jpg


カメラマンじゃまーー!


信じて決勝までのチケを買ってましたよ。自分は。それが報われました。年の初めからレッズをみれるなんて幸せすぎます。


We Are REDS!!



天皇杯準々決勝 浦和対川崎 @埼スタ 

浦和レッズ ー 川崎フロンターレ
  2   -   0
(前半0-0)

得点者
68分 トミスラフ・マリッチ
83分 堀之内 聖



Merry X'mas

to All Reds Supputors


mx.jpg



あー、勝ってよかった。



とりあえず言いたい。今日の試合。


寒すぎ!!



あ、試合っぷりでなく、環境っす。最高気温9℃だってよう。寒すぎます。11月までの寒さより、また一段と寒くて、マジ振るえしたっす。一緒に行った友達なんて試合中にHOTな日本酒?買いに走ってますから。帰ったらそっこー風呂。

まあ、それはいいとして、客が2万5千ちょいと、指定がガラすきなものの、レッズの自由は売り切れたし、バックロアが指定だったためにいつもより人が多かった。通路にはみ出てた人多し。


スタメンは、

   マリ
 ポン ヤマ
アレ    岡野
 ハセ 啓太
坪井 ホリ 萌
   山岸

SUB:加藤、酒井、横山、エスクデロ、赤星

川崎は、ジュニーニョとアウグストがいないで、マルクスとフッキ。
前回、都築に蹴りかました都倉は、ベンチにもはいんねーでやんの。てかあの退場以来試合ださしてもらってない模様ww


試合開始!も15分くらいは寒さのためかお互い動きが固い。というか自分も寒くて固い。お互い攻めてを欠く。

体が温まったころからは、危険度(中)くらいのチャンスをたくさん作るレッズと、うわーっていう危険度(大)のチャンスが2回くらいあった川崎といった様相。点取られなくてよかったー。運もあった。


前回脅威に感じた、川崎の早さは、全然感じず。ジュニーニョがめちゃくちゃ早かったからなこないだは。 あ、相馬がめちゃ元気だった。今日は左ウイングで出場かな? めちゃ攻め上がってたし、ポンテとからんで怒らせてたし。相馬のせいで、岡野が引かされて、攻め上がるチャンスも少なし。

川崎は、フッキと萌のミスマッチ?狙い。新人だからってなめんじゃねーよ。てか、フッキうまー。萌は前半けっこーやられてたけど、けっこうあれは仕方ないのではないか? 坪井でも半分くらいはやられたとおもうっす。 足技がすげぇ。1対1での勝負じゃ、萌完敗かも。でも最後の最後でゴールライン割らせずに済んだのでまあよし。


そんなこんなでお互いよいとは言えない前半で終了。と思ってたら、


後半ロスタイムに川崎の25番、森 勇介がイエロー2枚目で退場。まあ妥当。2枚とも裏からタックル入ってたし。てか、川崎汚いなーけっこうプレイが。裏から足かけるシーンが多数あり。FCかと思った。

まあ、これで前半終わり。んで、寒いからだろうがトイレ混みすぎ。いつものようにちょっと時間差で行ったら、後半開始に間に合わないで2分遅れたよ!

後半は人数で勝るレッズのポゼッションが非常に高い展開。相手陣地でやり放題。なのに点がはいらーん!

オフィシャルのギドのコメント。。。
前半の終了間際に相手に退場者が出て、数的優位になり、いい形を何度も作る事が出来ていたのだが、ペナルティエリアの中に入っていく人数が少なくて、セットプレーで得点するまで、時間がかかってしまった。


ほんとその通り。中が薄い。ペナルティエリアでがんがん勝負していいすよ!あと、ヤマ、啓太、長谷部はミドル打って欲しいな。今日一本もなかったんじゃない?

均衡をやぶったのはマリッチのヘッド。


マーリッチ!マーリッチ!


コーナーからだ(だっけ?)レッズの選手が2人被ってでてきて、マリッチがゴール左隅に決めたー!

で、胸のレッズのエンブレムに指をやるポーズ!


しびれます。今日ゴール裏看板なかったんで、ゴール裏ギリギリまできてくれたよ。最後の最後までやるよ。やつは。


この時点で川崎やる気なし?

レッズがDFラインでボール回ししてるのに、だれもチェイスしてこない。そして、川崎サポはブーイング。いいじゃんこっち勝ってるんだから!取りにこないあんたらが悪くない?と思いつつ。

岡野からホリノウチがひょいっとヘッドで決めてゲームを決める。




「今日勝って、相馬コールしてぇなー」

なんて試合前に言ってたんだけど。試合後マリッチがヒーローインタビュー受けてる間に、川崎の相馬コールのもと引っ込んじゃって、結局それはかなわず。でも今日もよかったよ。おつかれです。



マリッチもBOYSに嫌われてるんじゃないか?マリッチコールほとんどないし。って試合がけっこうあったけど、今日はマリッチコールたくさん!クロアチアの旗もあったし、紙吹雪もまったし。ここでレッズ天皇杯優勝したら、マリッチは記憶に残るよなー。

mariti.jpg



マリッチー僕を、元旦国立に連れてって下さい!m(__)m

ジュビロ戦書き残し。

「第33節 対ジュビロ @埼スタ 」はこちら

↑の書き漏れ。

・ジュビロ前田 でかい。
(でも、プロフェール見ると、182/75 あれ?)

・ジュビロ中山おっさんすごい。イエローもらうチャージまでしてるし。

・アレは一回成功したからって、同じプレイやりすぎ。
 今回だと、サイドからゴールライン際に蹴り出して走るやつ。

・レッズの枠に行ったミドルシュートが数本(マリッチとか赤星とか)あったけど、
威力がなくて、さらっと取られる。

エメとかアラウージョとかの、一瞬で振りぬくシュートの威力ってすげぇと思う。

・試合前のアップで、向こう側にちーーっちゃく見えるキーパー。
 走り方で川口とすぐ確信。意識してなかったがすぐわかった。

・ベンチの南は、でかくなった本山かとおもった。
 坊主な頭と、猫背な感じが。




自分の後ろで試合直後にケンカ。

どっかのサポチームの軍団の女の子がキレる。
「応援しないなら、帰れよ!邪魔だよ。」

おこられる、オタク風3人組?

「・・・・・・」
怒りを目の浮かべつつも反応せず。

「試合中に止めろよー!試合に集中しろよ!!」
また別のサポからの忠告。確かにその通り。

睨む某グループの女の子
Re:「帰れよ!」


無言で、すごすご帰る。おたく風3人。
ほんとに帰ったんかな?


ゴール裏中心部来て、何もしてない奴は、確かに邪魔。
アツイヤツが集まって来て欲しいのも事実。

だけど、ちょっといい方きついかも。
マターリ見るなら、ゴール裏きちゃだめでしょ。
サッカーなんて指定とっても、大して値段からかわらんし、
埼スタならマターリ見れる自由席もたくさんあるしな。


とりあえず、

ゴール裏は戦場だ。

第33節 対ジュビロ @埼スタ

ジュビロ磐田 - 浦和レッドダイヤモンズ
  0    -    1

得点者
79分 OWN GOAL

05-11-26_vidu.jpg

試合前ビジュアルサポート。バックの赤白。


スタメンは、3-6-1の
  マリ
 ヤマ ポン 
アレ    岡野
 ハセ 啓太
ツボ 闘男 ホリ
   都築


システムで言うとこうなるし、テキストだとうまく表現できませんが、前3人は
  マリ↑
      ポンテ
 山田

って感じで、マリッチはちょっと左目、ポンテは右目でヤマより前目って感じに動いてたとように見えました。ま、システムはどうでもいっか。

05-11-26_voda.jpg

試合前のボーダホンデカユニ。近すぎたのでビジョン撮ってみた。


試合のほうですが、攻めるレッズに守って速攻のジュビロと、数年前なら考えられない展開。レッズが巧くなったのか、レッズに前への勢いがなくなったのか、たぶんその両方ですが。


攻める時間が長い分、前半点を取れなかったことへのイライラ感はおおきかったかも。


ハセが2試合ぶりに帰ってきましたが、やはり後ろか目からスルーパスを出せるのは大きいですね。ただ、それに合わせる縦に強い・早い選手がいないのがレッズ(達也ー(+_+))

前節の事件で焦ったのか?マリッチがものすごく前線でプレスをかけてた!そして、攻める時の走り方がめちゃ必死だった。でも1TOPなのに、走って外に流れていいのですか?

だけど、献身的な守備はまだしも、スペースが合ったら走るのはいいとして、1TOPは中で勝負したほうがいいのではないかなー?と思ってしまった。

ゴール前の足技は巧みなんだし。ちょっとカラ回りしてた感は否めず。
そして試合前も試合中も試合後も、起こらない”マリッチコール”


ガンバ戦以降BOYSのあからさまな対応ですが、千葉、ジュビロ戦で完全に戦犯として確立してしまった予感。自分は好きなんだけどなぁ。
(もっといい選手に入ってもらいたいという気持ちも正直あるが。)


後半も基本的には展開変わらず。
ただ、攻めてるのに大チャンス!という場面すら作れないレッズにたいして、ジュビロには得点入ってもおかしくないシーンが数回。

まずは、名波のFK。これはポスト左に当たってギリセーフ。
壁越えて、都築の手も届かない時点で、あぁ。。。。と思ったら、ガコン!となって命拾い。

あとは、村井のヘッドできずヘッド。とか、ゴール前でごちゃっとしたシーン。他にもう一回くらいあったが、記憶無し。

相変わらずクソ審判川上。ファウルの基準が不可解。なぞイエロー連発するのに、確実にファウルでしょ?っての取らなかったり。岡野のPKは、微妙。レッズサポとしては取って欲しかったが。

そしてお家芸の一発レッドもでました。福西に。

ボール取られた瞬間走り出す、レッズ、ジュビロの選手。その中、ボール持ってないところで、福西が長谷部を後ろから交錯?削る?ってシーン。

目はボール追ってた中、視野の片隅での確認だったので、ボール追ってたらかぶっただけ?と自分の目には映ったが、浦議のコメントで「あれを見逃さなかった上川は神」 や、「あいつ(福西)は、きたねーファウルしてんのにニヤニヤしてる」とか、発言もあるし、あれわざとっぽい。

とすると、

福西の人間性を疑います。



たしかに、レッド出された後、抗議のひとつもせずぱぱっとかえったので、そんな気もしなくもないですが、あのプレイがわざとだとするならば、ケガさせる気満々だったってことですから。そりゃひでぇ。

深いタックルや、審判にバレないような巧い(汚い)プレイやらは、見てて、見てて勝負強さを感じて好きでしたが、もう大っ嫌いです。


その後には、一人優位なレッズが攻めてせめて、ヤマのセンタリングにジュビロのキムが合わせて(クリアミスして)ゴール。


後半始まってから、「レッズがゴールまで続けような!」で続いたPride Of URAWA はここでもとまらず、結局後半45分フルのロングコール。
すっげー疲れたけど、オウンゴールだけど、勝って良かったよほんと。

ほんとそれだけ、今日は。

試合終了後は、ホーム最終戦ってことでみんなで、Lフラもって一周。
最後に挨拶に来てたところ。
05-11-26_aisatsu2.jpg


達也の姿が映像に出たとき、思わず涙が。書いてるこの瞬間も目を潤ませてる。

COMON SUPER TATSUYA.のコール。
レーオーたなか たつや。のコール。

来年、元気な姿で大活躍してくれー!!



それも終わったあとは、リーダーがごにょごにょ言ってるが、リーダより前にいる自分にはあまり聞こえず。

レッズが1点取った直後にセレッソが勝ってるってことを知った自分は、あぁこれで終戦か。。。。と思ったんですが、、、


他会場の試合結果が放送される。いちおきいてみる。。。

ガンバ負ける!!!(オシムすげ!)

鹿島引き分ける!(沢登おつ)



セレッソ引き分ける!!!


松田様様。いやーびびった。
そして、自分の前の席のサポに、後半途中の結果を知ってたため、「セレッソ勝ったぽいっすよ」とウソつきました。ごめん!

だけど、やべーさ。

順位
1)C大阪  58  +8
2)G大阪  57  +22
3)浦和R  56  +24
4)鹿島A  56  +18
5)千葉   56  +13


勝ち点2差に5チーム。5チーム優勝の可能性有り。神様ありがとう。
1)C大阪 次節 瓦斯
2)G大阪 次節 川崎F
3)浦和R 次節 新潟

瓦斯は、レッズ好きとしかおもえねぇ。最後も頼む!ほんと頼む!ガンバは3連敗。次節はアラウージョかえってくるが、盛り返せないはず。てか信じてる川崎。

あとはレッズが勝つだけ。

どうしよ。パブリックビューイングはやらんのかねぇ。
どこでみよ。チケット取れないっぽいしな。

最後まで諦めなかったレッズに、最後まで回ってきたチャンス。
ここで勝たなきゃなんもなんねぇ。絶対勝つ!!

We Are REDS!!!

第31節 対ヴェルディ

浦和レッドダイヤモンズ ー 東京ヴェルディ1969
     4      ー     1



14分 ロブソン・ポンテ
7 0分 小林 慶行
79分 トミスラフ・マリッチ
87分 ロブソン・ポンテ
89分 田中 マルクス闘莉王




1時間半前くらいに埼スタ到着。ビクトリー丼なるものがファミマから出てて買ってみたが、冷めてておいしくないw温めたらまだ食べれるかも。てかカードついてなかったら500円じゃ買わないな。

それを食して、エルゴラやマッチデーを読みながらマッタリ。レッズの選手がアップに出てきた試合開始30分前くらいに、通路に降りる。警備員?に怒られつつ無視して試合開始。


よくも悪くも、J降格争いしてるチームらしさが出たヴェルディ。 1点先制されてから、同点に追いつき、マリッチの逆転弾を打たれるまでの必死さ。 必死故の前がかり、そしてアセリ。んで、逆転されてからのモロさ。 全て出た。そんな感じ。

前半は、岡野の独占場。オフサイドになったシーンもよかったが、1点目は美しかったー。

岡野ヘディングで競り合う→くるり一回転してこぼれ球を拾う。→マリッチにパス→マリッチ技ありのヒールで岡野に!→サイドを駆け上がる岡野→フリーのポンテが流しこんで、

ごーーーるっ!


ゴール裏もわかってて、得点を決めたポンテコールより先に岡野コールやったからね。 あれ、始めてやったかも。

おかの~(チャチャ)おかの~(チャチャ)
おかの~おかの、おかの~ 

ってひくーい声で歌う歌。なんか楽しかった!


ここからがレッズらしいというか、今年の勝ちきれなさを象徴してるような展開。前半早い時間に点取ると、選手もサポも油断してるような。。。

ヴェルディのすばやいパスまわしに翻弄される。危ないシーンもたくさんあったし、都築神だし。

んで、やっられたさ。同点弾。なんかコーナーからごちゃごちゃしてたところにシュート打たれてヒールで合わされたってのは見えた。

そっからも攻められる攻められる。もう、いらいら。レッズサポも気合入れなおして大声援&大ブーイング。

正直、どっちに転んでもおかしくなかった。てか、押され気味。


んで、このままずるずるいくのか?という嫌な空気のなか、キター!!


職人・マリッチ



いやー。わけわからん。ペナルティエリア右の角度のないとこから、なんかシュートして、なんか入った!いや、ビックリビックリ。

こっち側のゴールだからよく見えてたんだけど、右に流れた時には、よくあるサイドネットを揺らすパターンか?と思ったけど、なんか入った!!!

なんで、これ決めて、ガンバ戦の(以下略)

選手紹介でマリッチだけ拍手なかったんすよ。悲しい。


こっからは、レッズ祭


ポンテのループもめちゃ驚いた。


ぽ~~んと蹴った瞬間には、あ、ゴールネットの上にボールのっかるパターンか?と思ったら、ポテン。ころころ。。。。キーパーがっくしorz
 みたいな。

リプレイも映し出されましたが、もうすげぇとしかいえねぇ。


最後は、トゥーリオのPK。これもみんな書いてるけど逸話付き。アレがシュートでハンドもらったんだけど、いちおレッズのPK順としては、1アレ、2トゥーリオ らしいんす。

ボールを持ってはなっさない釣男w 
奪いにいくも諦めるアレ。
伝令に走る高校球児のごとく、ギドの言葉を伝えにきた横山。
それでも譲らない釣男。困る横山w怒るギド。

いっやー。2点差ついてるから笑ってすむし、これ決めたら逆転みたいだったら、釣男も蹴ろうとせんかったかもだけどさ。オトナげないぞー。 

レッズサポのは、セルヒオに初得点あげろーって声もありましたよ。


追記で書いとくけど、
やらかす戸田。ベッカムにツバを吐く世界の(Fuck'n)DF戸田。ベルディの選手のファウル後、オコッテルポンテに対して、シャシャリ出てきて、押し倒そうとしました。

そして、イエロー2枚で退場する平本。戸田に励まされるようじゃ終わってます。

んで、ハンドで2枚目のイエローもらったあなた!イエローは微妙かもわからんが、手出したでしょ?とっさかもしれんが。すぐ帰れ!


ワシントンにはびびってましたが、うまく止めてた。マークに2人いって、足技ださせなかったね。そこはかなりうまくできてた、ツボイとテゥーリオ、啓太あたり。

ただ、啓太は全然いいとこなかったね。てか、パスミスを3本くらいやってやたら目立ってた。んで、ミドルが宇宙旅行。そして交代。なんで?長谷部おらんとだめっすか?

よかったのが酒井!守りでも守備でもボランチらしく要になってた。攻撃の時にこぼれだま拾ったのはほとんど酒井で、後半最後の波状攻撃に一役かってました。

で、タリー山田はポンテとツーシャドーの時は、前半とかゴール前にちょくちょく顔出してましたが、右に回され完全に消えた。うーん。ヤマらしいというか、キャプテンしっかり!というか。。。

DFラインは、全体的にいらいらしてましたけど、うまくこなせてた気がする。ワシントン止めるのが一番だし、得点のシーンはしょうがないとこあったし。 

ただ、いつものことだが、中晩でのプレッシャーが少なく、ポンポンやられてるのが気になる。そこまで悪いプレイはなっかったような。

で、逆にレッズが中盤でせめてがなくて、プレスかけられてとられて攻め込まれ後半の逆転するまでをみてて思ったのが、


レッズは、ボールもらってから勝負する選手が多い。


ってこと。アレなんか特にだし、永井もそうだけど、ボールもらう、DFと勝負!!なんが多い。いいたいのは、裏に飛び出す選手がいない。ゴール前の動きが少ないってこと。 達也がいたらまた違うのかもなーと思った。 マリッチも前に抜ける選手じゃないし、ポンテは出し手の選手だし、タリーはそんなプレイ期待しちゃだめだし、それがないんだよね。


今日のゴール裏は気合入っていい雰囲気だった。試合終了後は、We Are Diamondsを歌い。勝利に酔いしれるのも最高。


んで、他会場の結果を見てワッショイワッショイ。サッカーの神様はまだ夢を見させてくれるようです。


夢を現実にするための残り3つ。


チケット取れなくて、いけるのはホーム最終戦のジュビロだけですが、1つ1つ行こう。中身よりも結果が欲しい。



We Are REDS!!




プロフィール

ぺんれっず

Author:ぺんれっず


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。