初期衝動浦和レッズROAD
浦和レッズサポーターの自分用メモ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


移籍で思ったこと

永井の移籍が発表された時、ぐだぐだなチームでごめんなさいって思った

相馬が来季契約しないと発表された時、勝手にしろよって思った


だけど相馬がマリティモに決まった時、ほっとした。
頑張って活躍しろよ!いい経験積んで、選手でもコーチでもいいから
魂を伝えにレッズ帰って来いよ!と思った


今、永井に対しては、お前よりによって(サッカー王国第二)清水かよ!
お前にはぜってー負けねーからなと思う



2人への始めの感情から、シーズンちゃんと迎えれるか不安だったけど
自然とレッズとしての気持ちに変化してるのに気がついて


ああヤッパリ"レッズ"サポーターなんだな自分はと。


個人の気持ちなんて何が正しい心構えかなんてきっとないし、
諸先輩方に比べたら、まだまだまだまだ何だろうと思いますが
自分もレッズサポーターとしての姿勢が確立しつつあるなと


とか言ってみるシーズンオフのある日
スポンサーサイト


J第34節 浦和レッズ-横浜Fマリノス@浦和レッズ

J第34節 浦和レッズ-横浜Fマリノス@浦和レッズ

2008年12月6日14:31@埼玉スタジアム 53583人
浦和レッズ-横浜Fマリノス
   1 - 6
(前半0-1):奥谷彰男


浦和レッズ 4-2-3-1
----------高崎---------
---セル---ポンテ----山田--
-------啓太--細貝-------
阿部--堀之内-坪井--平川-
----------都築----------

SUB:山岸、相馬、梅崎、西澤、永井、達也
52分 エスクデロ セルヒオ→相馬崇人
73分 山田暢久→岡野雅行


横浜Fマリノス3-4-3
---斉藤---兵藤----坂田--
小宮山-長谷川-河合-田中
----栗原--中澤--松田----
----------榎本----------


今年の集大成

変わるフォメ
ぶっつけなスタメン
動かない選手
まとまらないスタンド
前後分断サッカー
小さなミスで自信を無くすDF
運べない中盤
シュート打たない
数的優位を作られるサイド
パスは出しっぱなし
かさっらわれる横パス
センタリングの中には誰もいない
異議で警告受けるGK
イライラする外人
止めようとしないキャプテン
交代枠を余らせる監督は途中で椅子に座る始末



すべて今の浦和レッズ



最後勝って終わり良ければ、、的な雰囲気になると嫌だなと思いましたが
杞憂に終わりましたね


埼スタが出来て、強くなると共に増えた観客

ゴール裏にも流れる勝って当たり前な空気


にわかですから昔の空気は知りませんけど
サポーターももっと成長しなくてはいけないと思います


リーダーも言ってましたが、浦和レッズがすきだから。チーム乗り換えられませんから。


選手もフロントもサポーターも、出直しです。

また来年がんばりましょう



レッズの強さは悔しさが根元にあると思います

お荷物と言われたJ初期

初めて夢を抱いた第一次オジェック政権

迷走して99年降格

楽勝と言われながら苦戦したJ2の2000年

変わらない2001年

現在までの基礎を築いたオフト
若手を育て2002のナビスコ決勝進むも敗退

2003年初タイトルとなるナビスコ制覇
が、最後失速で落としたリーグ

2004年のステージ初制覇
が、チャンピオンシップで逃した日本一

2005優勝争い一進一退するも取り逃すも
チーム力の向上を裏付けた天皇杯制覇

負けない強さを身に付けて掴んだ2006リーグ制覇
その勢いで天皇杯連覇

初めての挑戦にして集大成の2007アジア制覇
最後の最後に手からこぼれたリーグタイトル


アジアチャンピオンの肩書きに溺れた2008年の無冠


負けた悔しさをタイトルへの渇望と替え戦ってきた。
来年は、今の悔しさをバネに最後まで戦おう

だけど悔しさをきっかけにしてるようじゃ真に強いチームにならないよ

次こそは、本当に強いチームになろう。

ここから再スタートだ。

天皇杯5回戦 浦和レッズ-横浜Fマリノス@香川県立丸亀競技場

天皇杯5回戦 浦和レッズ-横浜Fマリノス@香川県立丸亀競技場

2008年11月15日13:00@香川県立丸亀競技場 10303人
浦和レッズ-横浜Fマリノス
   2 - 2
(前半0-0後半0-0
 延長前半0-0延長後半0-0
 PK5-6):扇谷健司


得点
5分 狩野健太
20分 田中隼磨
43分 エスクデロ セルヒオ
46分 堀之内聖

浦和レッズ 4-2-3-1
--------エジミウソン---------
---永井---ポンテ----セル--
-------啓太--山田-------
相馬--堀之内-坪井--平川-
----------山岸----------

SUB:加藤、近藤、内舘、梅崎、西澤、岡野、高原
81分 エジミウソン→高原直泰
89分 山田暢久→西澤代志也
109分 エスクデロ セルヒオ→梅崎司


横浜Fマリノス3-6-1
-----------金-----------
------兵藤----狩野------
小宮山-小椋--河合-田中隼
----栗原--松田--田中裕--
----------榎本----------



まあ、こんなもんかな。といったところ。
PKまで行った時点でね。勝ちにいってる気がしねぇ。

前半は何のための4バックかわからない。サイドで数的優位を作られ
サイドハーフがフリーでがんがんセンタリングを上げる。

「ぜんぜん捕まえきれなくて、バルサかと思った」by相馬

ほんとなんだこれは?と思う酷さでしたね。
相手考えた練習してんのかよ。マジで。

「メンバーは伝えていない。だいたいは固まっているが」
みたいなことをゲルトよく前日に言ってるが、相手にわざわざばらす必要ないからいいけど。
と今まで思ってたが、コイツほんとに何も考えてねーんじゃねの?とすら・・・。

セルはもっと運動量増やしてかないとダメです。サボんな!とか野次飛んでたけど。
もっとボール追っかけてかないと、達也に追いつけません。

啓太の劣化が酷すぎるな。チームの問題もあるけど、スペース埋めれないし、
両ボランチともにボール運べないから、バックラインに戻して、相手に詰められれピンチに。

坪井は久しぶりに試合中イライラした。とか言ってましたが、坪のガンバリは伝わったよ。

期待の梅崎は気持ちだけが前に進んで、いいプレイできず。

永井が大ブレーキ。ふらふらしてて、あのポジションの意味がねぇ。
もっとボール追っかけろ、無駄に中によるな。
永井とセル逆のがよかったのかなぁ?永井が中に入りたがりすぎたような。
あのポジションなら生きると思ってたんだがなぁ。あれならスタメン取れないわ。



準決勝は12月20日とか今年はことさら遅いですし。
天皇杯でまで、面白くない試合見せられて、負けて終わるよりは、
来年のための準備期間が長くなるし、いいんではないでしょうか。

残りリーグ3試合のみです。
天皇杯落としたからリーグは獲ろうとかそんな気分じゃないです。

浦和レッズを見せてくれ!


ただそれだけです。





天皇杯4回戦 浦和レッズ-愛媛FC@駒場スタジアム

天皇杯4回戦 浦和レッズ-愛媛FC@駒場スタジアム

2008年11月4日13:01@駒場スタジアム 16724人
浦和レッズ-愛媛FC
     1 - 0
(前半0-0後半0-0延長前半1-0延長後半0-0):鍋島將起


得点
95分 ポンテ

浦和レッズ 3-5-2
---エジミウソン---達也-------
---------ポンテ-----------
-平川--細貝--啓太--山田-
--堀之内-闘莉王-坪井----
----------都築----------

SUB:山岸、堤、相馬、梅崎、阿部、高原、セル
68分 田中達也→エスクデロ セルヒオ
77分 鈴木啓太→阿部勇樹
114分 エジミウソン→堤俊輔


愛媛FC4-4-2
------大木----内村------
--江後------------横谷--
-------青野--赤井-------
-三上--金森--高杉--関根-
----------河北----------




●横山拓也選手(愛媛FC):
実際に戦ってみて浦和は個々の能力が高かったが、チームとしては自分がいた頃よりも劣っていると感じるところもあり、見ていても勝てると思った。決める場面で決められれば、今年も番狂わせができそうだったので悔しい
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00073386.html


横山に言われとるw横山がいたのって2005までだっけか?達也永井で夏以降マリッチ・ロビーの年か。長谷部啓太コンビが熟成して、いつもの3バック(坪闘堀+都築)が鉄壁を誇っていた時代か。。。。まあ劣ってますな確実に。


「もっとやれると信じているからこそブーイングされる。それに応えられるようにしないと」と阿部は怒りに理解を示す。 ただ、勝利という最低限の結果は出した。「精いっぱいやっているのに勝ってもブーイング。それじゃあ難しいし、辛い」と闘莉王。ある若手選手は「おれらがどれだけ頑張っているか、考えてほしい」と訴えた。
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/081103/scr0811031959001-n1.htm

阿部ちゃんには涙が出てくるわ。ほんとは今日も休ませてあげたかったのに、啓太がヘタレプレイばっかで出る羽目に。。。しかも延長までやって50分近くか。。。今日の啓太はほんんんとひどかった。ふらふらして横パスかっさわれること数回。判断力にぶっとるんじゃねぇの?

細貝退場は若さ。体張ってがんばってたよお前は。ダメな点もたくさんあったが、よいところもたくさんあったぞ。山田は寒くなって少しよくなったかな。平川は何したいかわからん。坪井はせっかくいい上がりしたんだからクロス丁寧に。堀はJ2のFWに翻弄されてんなよ。きっちり止めろ。闘莉王はいらいらして上がってもいいがちゃんと戻れ。啓太空気すぎ。ロビーも周り使えてないなー窮屈そうだ。エジはがんばってたと思う。シュート決めましょう。達也はいつもどおり貢献してた。交代はケガみてだからまあいいんでないかな?

DFラインからテキトーに放り込み、運良くセカンドが転がってきたらチャンスになるかもしれないサッカー=高校サッカー。サイドがヘタレすぎるし、サイドだけじゃなく中もまともなプレイしてねーからな。中盤もだな。もう全部だな。あぁ。

がんばってる選手もいる。がんばってるように見えない選手もいる。「浦和のサッカーの方向性が見えるように」とか。7ヶ月なにやってきたんだよ。何か得たものはあったのか?失ったものはたくさんあるぞ。

時間がたつにつれてグダグダ度は増すばかり、禁ユニ中でタオマフのみ参戦だったのもタオマフすら投げ捨てる。そんな試合。


これで天皇杯は次節丸亀で鞠戦。とりあえず自分は行きますよ。ゴール裏の人間なら良いことも悪いことも選手と一緒に受けとまなあかんと思うから。ほんで現場に行かないと俺たちが見てるんだぞってことが伝わらないと思うから。



J第30節 アルビレックス新潟-浦和レッズ@ビッグスワン

J第30節 アルビレックス新潟-浦和レッズ@ビッグスワン

2008年10月26日14:04@ビッグスワン 40359人
アルビレックス新潟-浦和レッズ
       0 - 1
(前半0-0):岡田正義


得点
80分 細貝萌


浦和レッズ 3-5-2
---エジミウソン---達也-------
---------ポンテ-----------
-山田--細貝--阿部--平川-
--堀之内-闘莉王-坪井----
----------都築----------

SUB:山岸、堤、内舘、梅崎、岡野、達也、セル
66分 高原直泰→田中達也
89分 ポンテ→岡野雅行


アルビレックス新潟4-4-2
------矢野---アレッサンドロ---
--田中------------河原-
-------千葉--本間-------
-中野--永田-チヨダンダ-内田-
----------北野----------




浦和の将来はこの残り試合にかかっている
無駄にすれば来季も同じ事を繰り返すぞ
現場は、そしてフロントは本当に強くなる為に真剣に必死にこのクラブに
愛を持って考えろ。もう待った無しだ



俺たちの浦和レッズはこんなもんじゃなねぇ


ACL準決勝第2戦 浦和レッズ-ガンバ大阪@埼玉スタジアム

ACL準決勝第2戦 浦和レッズ-ガンバ大阪@埼玉スタジアム

2008年10月22日19:30@埼玉スタジアム 53287人
浦和レッズ-ガンバ大阪
  1  - 3
(前半1-0):ムフセン バスマ


得点
36分 高原直泰
51分 山口智
72分 明神智和
76分 遠藤保仁

浦和レッズ 3-5-2
-------エジ--高原-------
---------ポンテ-----------
-堤----------------平川-
-------阿部--山田-------
-堀之内--闘莉王--坪井---
----------山岸----------

SUB:加藤、啓太、梅崎、永井、達也、セル、高崎
76分 堤俊輔→田中達也
81分 平川忠亮→永井雄一郎


ガンバ大阪4-4-2

戦術は「みんながんばれ」=ファイトしよう。
で、前半飛ばして、ガス欠。

レッズは交代するたびに、点取られ、
ガンバは交代するたびに、点を奪う。

同点にされた時点で苦しいのに。勝ちに行かないといけないのに。
交代なし。逆転されてから交代してもね。。。。




ACL準決勝第1戦 ガンバ大阪-浦和レッズ@万博記念競技場

ACL準決勝第1戦 ガンバ大阪-浦和レッズ@万博記念競技場

2008年10月8日19:00@埼玉ス 17166人
ガンバ大阪-浦和レッズ
  1  - 1
(前半0-1)Al Hi Ali Abdullah Mohamed

得点
22分 細貝萌
81分 遠藤保仁


浦和レッズ 3-5-2
-----エジミウソン-高原-------
----------ポンテ----------
-相馬--細貝--山田-平川--
--阿部---堀之内--坪井---
----------都築----------

SUB:山岸,闘莉王,堤,啓太,梅崎,達也,セル
85分 坪井慶介→田中マルクス闘莉王
89分 ポンテ→梅崎司
89分 高原直泰→田中達也


脚阪 4-4-2
------播戸---山崎-------
-----遠藤------二川-----
-------橋本--明神-------
-下平--山口--中澤--加地-
---------藤ヶ谷---------



1-0でリードして後半始まって気をつけてた立ち上がりしのいで、
FWバテバテじゃん。1-0で守りきろうって思ってんじゃねーよ。
前がプレスかからないから押し込まれるんでしょうが。。。

で、結局微妙なPK取られて、坪井がケガでOUTする85分まで動かないって。。。
下手したらゴリ押しされて負けてたぜよ。。。

この試合前から決めてました的采配どーにかしろよ。。。


エジは最近前からボール追っかけてるし頑張ってるねぇ。


ガンバは、4-4-2だけど、中盤がけっこう中で絞って、サイドはサイドバック任せなところがあって、名古屋に比べたらだいぶ大分楽だったと思いましたねぇ。サイドバック上がってくるの遅いから、うちのWBで十分ケアできるし。崩してとるのがガンバスタイルなのかねぇ?

それなりにサッカーできてんだけどなー前半は。
勝てないねぇ。


新幹線自由席13800円より、飛行機13100円のが安い
しかも、万博までモノレールで30分?と近いということを知った今遠征。




プロフィール

ぺんれっず

Author:ぺんれっず


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。