初期衝動浦和レッズROAD
浦和レッズサポーターの自分用メモ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジュビロ戦書き残し。

「第33節 対ジュビロ @埼スタ 」はこちら

↑の書き漏れ。

・ジュビロ前田 でかい。
(でも、プロフェール見ると、182/75 あれ?)

・ジュビロ中山おっさんすごい。イエローもらうチャージまでしてるし。

・アレは一回成功したからって、同じプレイやりすぎ。
 今回だと、サイドからゴールライン際に蹴り出して走るやつ。

・レッズの枠に行ったミドルシュートが数本(マリッチとか赤星とか)あったけど、
威力がなくて、さらっと取られる。

エメとかアラウージョとかの、一瞬で振りぬくシュートの威力ってすげぇと思う。

・試合前のアップで、向こう側にちーーっちゃく見えるキーパー。
 走り方で川口とすぐ確信。意識してなかったがすぐわかった。

・ベンチの南は、でかくなった本山かとおもった。
 坊主な頭と、猫背な感じが。




自分の後ろで試合直後にケンカ。

どっかのサポチームの軍団の女の子がキレる。
「応援しないなら、帰れよ!邪魔だよ。」

おこられる、オタク風3人組?

「・・・・・・」
怒りを目の浮かべつつも反応せず。

「試合中に止めろよー!試合に集中しろよ!!」
また別のサポからの忠告。確かにその通り。

睨む某グループの女の子
Re:「帰れよ!」


無言で、すごすご帰る。おたく風3人。
ほんとに帰ったんかな?


ゴール裏中心部来て、何もしてない奴は、確かに邪魔。
アツイヤツが集まって来て欲しいのも事実。

だけど、ちょっといい方きついかも。
マターリ見るなら、ゴール裏きちゃだめでしょ。
サッカーなんて指定とっても、大して値段からかわらんし、
埼スタならマターリ見れる自由席もたくさんあるしな。


とりあえず、

ゴール裏は戦場だ。
スポンサーサイト


ロブソン・ポンテ:Bitte GOAL!

ロブソン・ポンテ:Bitte GOAL! (歌名は勝手につけてみた)

<うた>
おー ロビー らららら~
おー ロビー らららら~

おー ロビィ ビッテ ゴール
おー ビッテ ゴール

===========================
<動き>
最後の「おー ビッテ ゴール」
おー で手を上げる。
ビッテとゴール で手を振る?

以外手拍子。

===========================

ロビーは、ポンテの愛称。

ビッテ・ゴール は、Bitte GOAL! ドイツ語で、頼みます!とかお願い!とかそんな感じの意味。


第33節 対ジュビロ @埼スタ

ジュビロ磐田 - 浦和レッドダイヤモンズ
  0    -    1

得点者
79分 OWN GOAL

05-11-26_vidu.jpg

試合前ビジュアルサポート。バックの赤白。


スタメンは、3-6-1の
  マリ
 ヤマ ポン 
アレ    岡野
 ハセ 啓太
ツボ 闘男 ホリ
   都築


システムで言うとこうなるし、テキストだとうまく表現できませんが、前3人は
  マリ↑
      ポンテ
 山田

って感じで、マリッチはちょっと左目、ポンテは右目でヤマより前目って感じに動いてたとように見えました。ま、システムはどうでもいっか。

05-11-26_voda.jpg

試合前のボーダホンデカユニ。近すぎたのでビジョン撮ってみた。


試合のほうですが、攻めるレッズに守って速攻のジュビロと、数年前なら考えられない展開。レッズが巧くなったのか、レッズに前への勢いがなくなったのか、たぶんその両方ですが。


攻める時間が長い分、前半点を取れなかったことへのイライラ感はおおきかったかも。


ハセが2試合ぶりに帰ってきましたが、やはり後ろか目からスルーパスを出せるのは大きいですね。ただ、それに合わせる縦に強い・早い選手がいないのがレッズ(達也ー(+_+))

前節の事件で焦ったのか?マリッチがものすごく前線でプレスをかけてた!そして、攻める時の走り方がめちゃ必死だった。でも1TOPなのに、走って外に流れていいのですか?

だけど、献身的な守備はまだしも、スペースが合ったら走るのはいいとして、1TOPは中で勝負したほうがいいのではないかなー?と思ってしまった。

ゴール前の足技は巧みなんだし。ちょっとカラ回りしてた感は否めず。
そして試合前も試合中も試合後も、起こらない”マリッチコール”


ガンバ戦以降BOYSのあからさまな対応ですが、千葉、ジュビロ戦で完全に戦犯として確立してしまった予感。自分は好きなんだけどなぁ。
(もっといい選手に入ってもらいたいという気持ちも正直あるが。)


後半も基本的には展開変わらず。
ただ、攻めてるのに大チャンス!という場面すら作れないレッズにたいして、ジュビロには得点入ってもおかしくないシーンが数回。

まずは、名波のFK。これはポスト左に当たってギリセーフ。
壁越えて、都築の手も届かない時点で、あぁ。。。。と思ったら、ガコン!となって命拾い。

あとは、村井のヘッドできずヘッド。とか、ゴール前でごちゃっとしたシーン。他にもう一回くらいあったが、記憶無し。

相変わらずクソ審判川上。ファウルの基準が不可解。なぞイエロー連発するのに、確実にファウルでしょ?っての取らなかったり。岡野のPKは、微妙。レッズサポとしては取って欲しかったが。

そしてお家芸の一発レッドもでました。福西に。

ボール取られた瞬間走り出す、レッズ、ジュビロの選手。その中、ボール持ってないところで、福西が長谷部を後ろから交錯?削る?ってシーン。

目はボール追ってた中、視野の片隅での確認だったので、ボール追ってたらかぶっただけ?と自分の目には映ったが、浦議のコメントで「あれを見逃さなかった上川は神」 や、「あいつ(福西)は、きたねーファウルしてんのにニヤニヤしてる」とか、発言もあるし、あれわざとっぽい。

とすると、

福西の人間性を疑います。



たしかに、レッド出された後、抗議のひとつもせずぱぱっとかえったので、そんな気もしなくもないですが、あのプレイがわざとだとするならば、ケガさせる気満々だったってことですから。そりゃひでぇ。

深いタックルや、審判にバレないような巧い(汚い)プレイやらは、見てて、見てて勝負強さを感じて好きでしたが、もう大っ嫌いです。


その後には、一人優位なレッズが攻めてせめて、ヤマのセンタリングにジュビロのキムが合わせて(クリアミスして)ゴール。


後半始まってから、「レッズがゴールまで続けような!」で続いたPride Of URAWA はここでもとまらず、結局後半45分フルのロングコール。
すっげー疲れたけど、オウンゴールだけど、勝って良かったよほんと。

ほんとそれだけ、今日は。

試合終了後は、ホーム最終戦ってことでみんなで、Lフラもって一周。
最後に挨拶に来てたところ。
05-11-26_aisatsu2.jpg


達也の姿が映像に出たとき、思わず涙が。書いてるこの瞬間も目を潤ませてる。

COMON SUPER TATSUYA.のコール。
レーオーたなか たつや。のコール。

来年、元気な姿で大活躍してくれー!!



それも終わったあとは、リーダーがごにょごにょ言ってるが、リーダより前にいる自分にはあまり聞こえず。

レッズが1点取った直後にセレッソが勝ってるってことを知った自分は、あぁこれで終戦か。。。。と思ったんですが、、、


他会場の試合結果が放送される。いちおきいてみる。。。

ガンバ負ける!!!(オシムすげ!)

鹿島引き分ける!(沢登おつ)



セレッソ引き分ける!!!


松田様様。いやーびびった。
そして、自分の前の席のサポに、後半途中の結果を知ってたため、「セレッソ勝ったぽいっすよ」とウソつきました。ごめん!

だけど、やべーさ。

順位
1)C大阪  58  +8
2)G大阪  57  +22
3)浦和R  56  +24
4)鹿島A  56  +18
5)千葉   56  +13


勝ち点2差に5チーム。5チーム優勝の可能性有り。神様ありがとう。
1)C大阪 次節 瓦斯
2)G大阪 次節 川崎F
3)浦和R 次節 新潟

瓦斯は、レッズ好きとしかおもえねぇ。最後も頼む!ほんと頼む!ガンバは3連敗。次節はアラウージョかえってくるが、盛り返せないはず。てか信じてる川崎。

あとはレッズが勝つだけ。

どうしよ。パブリックビューイングはやらんのかねぇ。
どこでみよ。チケット取れないっぽいしな。

最後まで諦めなかったレッズに、最後まで回ってきたチャンス。
ここで勝たなきゃなんもなんねぇ。絶対勝つ!!

We Are REDS!!!

ジュビロ戦を前に。

今日の予想スタメン。

永井は、やっぱりだめっぽいね。で、闘莉男も、ヴェルディ戦でヘディングの競合いので、肩から落ちたのがまだ癒えてないっぽいですが、出るとして、、、

いつもどおり3-6-1としたら、

   マリッチ
 長谷部 ポンテ
アレ     岡野
  山田 啓太
坪井 闘莉男 堀之内
    都築


これが、一番ありえる。でしょうな。。巷で噂される細貝いれての4バックならどうでしょう。。。そのときは、2TOPになるの?

  マリ 横山(野人)
アレ    ポン
  ハセ  啓太
細貝 坪井 闘男 山田(ホリ)
 都築


あ、1TOPで、こうとか↓

    マリ
アレ ポン 野人
  ハセ  啓太 
細貝 坪井 闘男 山田(ホリ)
都築


だめだ。。サッカーの素人じゃ思いつかん!4バックにするってことは、両サイドが攻撃参加するってことは、MFのウイングはいらないってこと?すると、アレ、野人あたりは中目でプレイするの?

ジュビロの両サイド、大田と村井がガシガシ来るでしょうから、4バックでケアするか、3バックで攻めることでカバーするか。3-6-1で両サイドが引かされたら、レッズとしてはいつもの悪いパターン。

永井いたら、3バックで攻めることに勝機をかけてもいい気がするが、岡野でどこまでプレッシャーをかけれるか。ヴェルディ戦の前半みたいな攻めができ、先制点とれちゃえば、後半バテテも守備的な選手に替えることで対応できるのだが。。。さて。


福西・名波・服部と、中盤にはビックネームをそろえるジュビロ。そしてこの3人は勝負強いプレイをしてくる。というかきたねぇ。

普段関係ない試合見てたら、福西のさわやか削りや、名波のさらっと服ひっぱりとか、「うわーうめぇ、こんなことされたら相手はたまらんなぁ。ははは~」とみてられるのですが、今日はレッズサポとして参戦なんでね。ブーイング必死。


勝つ!勝つ!ホーム最終戦。絶対勝ーつ!


スラムダンク読んで、最後まで諦めない気持ちは培った!


ダンコ桜木!!(全然関係ないw)


それでは、そろそろ出発しましょうか。


We Are REDS!!!

第32節 対ジェフ @フクアリ

ジェフユナイテッド市原・千葉 - 浦和レッドダイヤモンズ
         1     -    0

得点
89分 水野 晃樹



はぁぁ


ショック。最後の最後の最後のチャンスだったかもしれない。これで何度目だよ。 23節大分、26節のC大阪、30節G大阪、そして今日の千葉。 こことれば首位が見える!ってとこでことごとく敗戦。あと一歩って所すらいけない。いつもあと2歩で後退。


もー(ーー;)



今日はチケットが取れず、テレビ観戦@埼玉テレビの再放送。それまで一切結果を聞かないように、テレビもパソコンも携帯もつけず寝続ける。んで7時から観戦開始。


スタメンは、

   マリッチ
 ポンテ ヤマダ
アレ     岡野
  酒井 啓太
坪井 闘莉男 堀ノ内
    都築

前節のヴェルディと同じ3-6-1。まあ妥当でしょ。というか、今のメンバー的にスタメンはこれしかできない感じ。

対するジェフは阿部とストヤノフという守備の要の選手がいない状況。

それもあってか、引いて守るジェフに対してレッズが圧倒的に攻める。3分位相手陣地で攻撃し続けることも何度もあった。(決めてくれー)

で、前半20分すぎのジェフFK.蹴ったのはだれか。ニアで合わせたハース。。。。

ご、ご、、、、ゴールに向かって転がる、、、、


都築の神セーブ炸裂


左手を目一杯伸ばして、ゴール左隅ギリギリのところ(入ってないよね?)ではじき出す。でも、かなり微妙な判定で、ハースも副審に詰め寄る。主審に抗議でイエローもらう。そんくらい微妙。

ジェフの惜しいのはこんくらい。対するレッズは、攻めるものの決め手なし。達也がいたら。。。。と思ってしまう。やっぱ飛び出しがない。ゴール前で動く選手がいない。それでかい。

タリーにもシュート打って欲しい。ペナルティエリアでボールもってなんでシュートいかないのよー。インサイドでファーに巻きこむシュートとか入りそうなのになぁ。


攻めて攻めて攻めて攻めて。。。それでも点が取れず。


89分水野のシュートが闘莉男の足に当たってゴール。


試合後は、ペットボトル投げ込まれる騒ぎや、居残ってギドに抗議するわ、バスを取り囲む騒ぎがあったらしい。

そんなやつらは、レッズサポにいらん。

「闘志を見せてない奴がいる」って事らしい。

誰?マリッペかなー?なんか、一部サポに嫌われてるきらいがあるしなぁ。マリッチさぁ。正直物足りないとこもあるよ。だけどさ、ピッチに立ったら闘えるのは選手だけなんだよ。それを応援で後押しするのがサポーターじゃないわけ?


とりあえず、今日は立ち直れません。寝ます。。。。

第31節 対ヴェルディ

浦和レッドダイヤモンズ ー 東京ヴェルディ1969
     4      ー     1



14分 ロブソン・ポンテ
7 0分 小林 慶行
79分 トミスラフ・マリッチ
87分 ロブソン・ポンテ
89分 田中 マルクス闘莉王




1時間半前くらいに埼スタ到着。ビクトリー丼なるものがファミマから出てて買ってみたが、冷めてておいしくないw温めたらまだ食べれるかも。てかカードついてなかったら500円じゃ買わないな。

それを食して、エルゴラやマッチデーを読みながらマッタリ。レッズの選手がアップに出てきた試合開始30分前くらいに、通路に降りる。警備員?に怒られつつ無視して試合開始。


よくも悪くも、J降格争いしてるチームらしさが出たヴェルディ。 1点先制されてから、同点に追いつき、マリッチの逆転弾を打たれるまでの必死さ。 必死故の前がかり、そしてアセリ。んで、逆転されてからのモロさ。 全て出た。そんな感じ。

前半は、岡野の独占場。オフサイドになったシーンもよかったが、1点目は美しかったー。

岡野ヘディングで競り合う→くるり一回転してこぼれ球を拾う。→マリッチにパス→マリッチ技ありのヒールで岡野に!→サイドを駆け上がる岡野→フリーのポンテが流しこんで、

ごーーーるっ!


ゴール裏もわかってて、得点を決めたポンテコールより先に岡野コールやったからね。 あれ、始めてやったかも。

おかの~(チャチャ)おかの~(チャチャ)
おかの~おかの、おかの~ 

ってひくーい声で歌う歌。なんか楽しかった!


ここからがレッズらしいというか、今年の勝ちきれなさを象徴してるような展開。前半早い時間に点取ると、選手もサポも油断してるような。。。

ヴェルディのすばやいパスまわしに翻弄される。危ないシーンもたくさんあったし、都築神だし。

んで、やっられたさ。同点弾。なんかコーナーからごちゃごちゃしてたところにシュート打たれてヒールで合わされたってのは見えた。

そっからも攻められる攻められる。もう、いらいら。レッズサポも気合入れなおして大声援&大ブーイング。

正直、どっちに転んでもおかしくなかった。てか、押され気味。


んで、このままずるずるいくのか?という嫌な空気のなか、キター!!


職人・マリッチ



いやー。わけわからん。ペナルティエリア右の角度のないとこから、なんかシュートして、なんか入った!いや、ビックリビックリ。

こっち側のゴールだからよく見えてたんだけど、右に流れた時には、よくあるサイドネットを揺らすパターンか?と思ったけど、なんか入った!!!

なんで、これ決めて、ガンバ戦の(以下略)

選手紹介でマリッチだけ拍手なかったんすよ。悲しい。


こっからは、レッズ祭


ポンテのループもめちゃ驚いた。


ぽ~~んと蹴った瞬間には、あ、ゴールネットの上にボールのっかるパターンか?と思ったら、ポテン。ころころ。。。。キーパーがっくしorz
 みたいな。

リプレイも映し出されましたが、もうすげぇとしかいえねぇ。


最後は、トゥーリオのPK。これもみんな書いてるけど逸話付き。アレがシュートでハンドもらったんだけど、いちおレッズのPK順としては、1アレ、2トゥーリオ らしいんす。

ボールを持ってはなっさない釣男w 
奪いにいくも諦めるアレ。
伝令に走る高校球児のごとく、ギドの言葉を伝えにきた横山。
それでも譲らない釣男。困る横山w怒るギド。

いっやー。2点差ついてるから笑ってすむし、これ決めたら逆転みたいだったら、釣男も蹴ろうとせんかったかもだけどさ。オトナげないぞー。 

レッズサポのは、セルヒオに初得点あげろーって声もありましたよ。


追記で書いとくけど、
やらかす戸田。ベッカムにツバを吐く世界の(Fuck'n)DF戸田。ベルディの選手のファウル後、オコッテルポンテに対して、シャシャリ出てきて、押し倒そうとしました。

そして、イエロー2枚で退場する平本。戸田に励まされるようじゃ終わってます。

んで、ハンドで2枚目のイエローもらったあなた!イエローは微妙かもわからんが、手出したでしょ?とっさかもしれんが。すぐ帰れ!


ワシントンにはびびってましたが、うまく止めてた。マークに2人いって、足技ださせなかったね。そこはかなりうまくできてた、ツボイとテゥーリオ、啓太あたり。

ただ、啓太は全然いいとこなかったね。てか、パスミスを3本くらいやってやたら目立ってた。んで、ミドルが宇宙旅行。そして交代。なんで?長谷部おらんとだめっすか?

よかったのが酒井!守りでも守備でもボランチらしく要になってた。攻撃の時にこぼれだま拾ったのはほとんど酒井で、後半最後の波状攻撃に一役かってました。

で、タリー山田はポンテとツーシャドーの時は、前半とかゴール前にちょくちょく顔出してましたが、右に回され完全に消えた。うーん。ヤマらしいというか、キャプテンしっかり!というか。。。

DFラインは、全体的にいらいらしてましたけど、うまくこなせてた気がする。ワシントン止めるのが一番だし、得点のシーンはしょうがないとこあったし。 

ただ、いつものことだが、中晩でのプレッシャーが少なく、ポンポンやられてるのが気になる。そこまで悪いプレイはなっかったような。

で、逆にレッズが中盤でせめてがなくて、プレスかけられてとられて攻め込まれ後半の逆転するまでをみてて思ったのが、


レッズは、ボールもらってから勝負する選手が多い。


ってこと。アレなんか特にだし、永井もそうだけど、ボールもらう、DFと勝負!!なんが多い。いいたいのは、裏に飛び出す選手がいない。ゴール前の動きが少ないってこと。 達也がいたらまた違うのかもなーと思った。 マリッチも前に抜ける選手じゃないし、ポンテは出し手の選手だし、タリーはそんなプレイ期待しちゃだめだし、それがないんだよね。


今日のゴール裏は気合入っていい雰囲気だった。試合終了後は、We Are Diamondsを歌い。勝利に酔いしれるのも最高。


んで、他会場の結果を見てワッショイワッショイ。サッカーの神様はまだ夢を見させてくれるようです。


夢を現実にするための残り3つ。


チケット取れなくて、いけるのはホーム最終戦のジュビロだけですが、1つ1つ行こう。中身よりも結果が欲しい。



We Are REDS!!


ドキドキしてきた。あと31時間っ!

エルゴラ(サッカー専門新聞?)の1面は
もちろんガンバ大阪ー浦和レッズ。
(なぜか、長谷部がえんどぅーに削られてる写真)

試合は明日の4時からですが、早くもドキドキしてきました。
(というか先週からずっとですが。さらにということで)

先週の土曜日は、ナビスコカップ決勝で
延長でも決まらずPKまでやったガンバ。

おとといの9日にあった天皇杯4回戦では
カズのいなくなった横浜FCと延長→PKまで。(ありがとう横浜)

中9日調整したレッズと、
120分ー中3日ー120分ー中2日のガンバ。

レッズに風が吹いてるとしか思えねぇ。


現在Jリーグは首位~5位までが勝ち点5差で並ぶ大混戦。
野球的にいったら1.5ゲーム差に5チーム。

んで、あと5試合。アツイ!!


みんな明日は4時からNHKみるべし!!
たしか世界放送されますから。


ヤマザキナビスコカップ2005

ジェフユナイテッド市原 対 ガンバ大阪      0     -    0
      (PK 5  -  0 )



レッズサポとしては、どっちが勝ってもいいんですけど、リーグ戦で対戦が残ってる2チームということで、注目の一戦。3年連続決勝にレッズが進んでたためチケット争奪戦がすごかった印象ですが、今年は地味に売れてました。で、結局は満員だったぽいの国立競技場。

テレビで見てたのですが、バックスタンドのちょうどまんなかから左から黄色くなっていく景色は創刊。ここを赤く染めたかった。

両チームともにいいリーグ戦でも優勝争いしてるだけあって、いい試合でしたね。


ガンバの高速3トップ、大黒、アラウージョ、フェルナンジーニョ。強い、速い。ガンバの攻撃ははっきりしてて、とりあえず後ろからでも中盤からでも前の3人にどんどん出す! 前半はの30分くらいはこれでかなり押してた。アラウージョなんか速いうえに、多少あたられても倒れない。引っ掛けられても強引に抜いていく。かなり注意が必要です。

ウッチーが次節出れるかわからんけど、左に入ったら注意してね!3バックはどう組むかねぇ?山形戦の途中からみたいに、左からツボー闘男ーホリかな?

フェルナンジーニョには、ジェフ阿部勇樹がマンマークでついて、いい仕事はあまりさせず。それでも機能してたのですごい。ギドはどうするかなぁ?啓太マークつかせるかな?

ガンバは攻撃は、縦に縦に。ゴールにゴールになので、たぶんレッズもある程度引き気味で行くだろうな。

DFラインにはじめはいっていたシジグレイは高い!サイド攻撃が主体のジェフの攻撃をことごとく跳ね返してた。 最後は、宮本がCBに入ってシジグレイがボランチっぽいポジションになってたが、高さの面ではけっこう揺るいだ気がする。

たぶん来週も宮本出てくるでしょう。シジクレイの網を抜けて、闘莉男のヘッドがドカン!ってのを期待している。


対する千葉ですが、オシムマジックで出来上がったジェフのサッカーをいつもどおりやった!という感じ。細かいパス回しからサイドを切り込み、巻に当てる。2列目からもどんどん上がってシュートを狙う!ほんといつもどおり。もう、あんま言うことないかも。いいサッカーです。

5ストヤノフの守備は素晴らしい。


ガンバにもジェフにも、どうやったら勝てる!とかないと思う。

レッズのサッカーをするしかない。しっかり守ってしっかり攻める。
あとは気持ち。

まずは、来週のガンバを叩くべし!
あぁぁ万博いきてぇー!

当日大阪にいるものの、研修とは。。。






プロフィール

ぺんれっず

Author:ぺんれっず


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。