初期衝動浦和レッズROAD
浦和レッズサポーターの自分用メモ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナビ予選1 浦和レッズ対FC東京 @駒場スタジアム

浦和レッズ - FC東京
  2   -  0
(前半0-1)主審:穴沢

62分 エスクデロ
89分 酒井 友之
 

レッズ3-5-2
    ワシントン  エスクデロ
       ポンテ
相馬            岡野
    酒井  啓太
  内舘  闘莉男  堀ノ内
       山岸

SUB:加藤、細貝、平川、赤星、中村、小池


FC東京 4-4-2
    川口  ルーカス
今野           梶山
    馬場  伊野波
鈴木  増嶋  ジャーン  徳永
      塩田


伊野波ーポンテ、ジャーンーワシントン、今野ーエスクデロ にマンツーマンでついてるので、4-4-2とかあんま関係ない。自由に動けるの両サイドバックとFWくらい。レッズのFW2人とポンテを潰して、まっすーあまらせてカバーって作戦。

今日のレッズはこれにまんまとハマる。ポンテがボールをさわれず、啓太と酒井のボランチでは、ボールを収めるところがない。左の相馬は、徳永のケアで守備の役割が高く、勝負できてたのは岡野ー鈴木規郎のとこだけだったよーな。

なんとなくお互いまったりな前半。

あ、そういや、試合開始前後に”ララ浦和”やってたなー。やっぱ駒場でのは栄えるなー。


そして後半。


東京がスピードサッカーを展開。やっぱ東京はこれでしょ。レッズは押し込まれ、セカンドボールを拾えずポゼッションが下がる。山岸のスーパーセーブ*2、ゴールラインぎりぎりでのクリアと、決まってもおかしくないシーンが連続。だけど、決められない。これが今年の東京サッカーか?

直後の60分過ぎ。「セルと赤星の交代のようですね」とかいってたら、啓太?からゴール前のワシントンにロングパス。まっすーがヘディングをすかし、ジャーンを背負って胸トラップで右に流す。それを見ながら走りこんだのは、エスクデロ!!右にトラップでDFをかわしてシューっト!

エスクデロ記念すべき初ゴール!!U\(●~▽~●)Уイェーイ!

ゴル裏をガッツポーズしながら走りぬけ、たたたたたε=ε=ε=ε=ε==(;-_-)/ ギドに抱きつく!


うーん。これでかい。この1点のおかげで、FC東京は前がかりにならざる終えない。今野やジャーンも攻撃に参加してくるからその分前は空くし、マークもいなくなる。

引いて守るレッズにシュートが決まんない東京。んでカウンター一閃でチャンスを作るレッズ。


それでも点が取れないのが、メンバーが大幅に変わったとこなのかも。ぶっちゃけけっこう危ない試合だったよーな。最後の最後に、酒井が決めて勝負付いたけど。まあ、こんだけメンバー落としても勝てるってのは、レッズが強いのかFCが弱いのか。。。。


今日の審判は、アナザーワールド穴沢さん。去年からナカの人が代わったようで、日本一の流す審判になった気がします。が!今年は、ちょっと流しすぎではありませぬかね?FCみたいに汚いファウルしてくるチームでは、レッズの選手がもちません。シトンのケガは大丈夫でしょうか???

ジャスティスや上川、吉田みたいにピーピー試合止めるよりは、俄然いいけどね。後ろから倒されてもとらないし、ほっとんどのプレイながしたね。シトン、ポンテあたりは相当いらいらしてたみたいだし。

でも、流しすぎて批判される日本の審判がいるなんて!とある意味感動です。


今日の解説は、博美さん。やっぱFCがお好きなようで。当たり前だけど、FCの選手は良く知ってるし、レッズのこともよくしっている。

「徳永には山田が入ってきたのと同じ印象を感じます。」

と山田の認める発言と、徳永ってやっぱすげー選手?なんだーと思ったり。今日は、徳永のいい上がりによって、相馬の攻めを完全に消してたもんな。見直しました徳永。

ワシントンに揺さぶられて倒れたまっすーに対して
「増嶋はコケてるヒマじゃありませんね。ちゃんと守備しなさい」
みたいな発言とか笑った。

まっすーの守備に監督もドキドキ。そりゃ、サポはもっとドキドキしてますよねぇ。それでも試合に出れるのはなんで??



てかね、ほんとは、今日駒場いる予定だったのになぁ。チケットもがんばってとったのになぁ。仕事が忙しすぎたのと、風邪引いたののダブルパンチで結局いけず。埼玉テレビですよ。

この状況で平日の夜は無理っぽいっす。ナビ福岡戦@駒場も諦めるしかないかも。
スポンサーサイト


第5節 横浜FマリノスVS浦和レッズ @日産スタジアム




横浜Fマリノス - 浦和レッズ
    1   -   3
(前半0-1)主審:片山

43分 山田暢久
48分 ワシントン

89分 大島秀夫
89分 長谷部誠



レッズ 3-6-1
      ワシントン
    伸二   ポンテ
アレ            山田
    長谷部 啓太
  坪井  闘莉男  堀ノ内
      都築

SUB:山岸、内舘、平川、相馬、酒井、永井、岡野

マリノス 3-5-2
     マルケス  久保
       奥
マグロン            吉田
    ドゥトラ  上野
  中澤   栗原   松田
       榎本

SUB:下川、河合、田中、平野、坂田、大島、清水


5連勝中のマリノスの1分から4連勝中のレッズの首位攻防@日産スタジアム

ジュニアユースの試合がありそれも、マリノスーレッズ。こちらは、1点先制されるも後半2点取り返して逆転勝利。10番の子が2得点かな?去年優勝した時の10番と同じ子かな?メンバー確認してないからよくわからず。んで、17番も目立ってた!長谷部好きとしては17番の活躍はうれしい。

ジュニアユースの試合中、マリサポとレッズサポの弾幕の貼る場所について小競り合いもありましたが、あの席(バックアウェーよりの自由席)にマリノスの弾幕はないだろー?レッズサポしかいないんだし。マリサポがあえて目立つ弾幕を張って挑発してるとしか思えんし。運営ミスだよなあれは。 だけど、ゴル裏のスポンサー広告を隠したってのは、こっちが悪いですね。大宮ー鹿島戦@埼スタで、三菱の看板を隠してあんなに騒ぎ立てたのにね。だけど、あの位置の広告は邪魔だからどーにかしろよ。ともいっておく。

試合のほうはというと、前半はほぼ互角。じゃっかん押されてた気もするけど、シュートはほとんど打たせてなかったし、お互いラインを高く上げてコンパクトな守備をしてプレスをしっかりかけて中盤での奪い合い。人が重なり合ってお互いパスの出しどころがない。「すげーー!これが上位チーム同士の対戦かー。やっぱきびしーなぁぁ。点が入らないよーな展開が続くのだろうなー」と後半40分頃に思う。1サッカーファンだったらしびれる展開ですが、レッズサポとしてはやっぱり勝ちたい。


後半の最後にロングフィードが左サイドに飛んだところで、相手(松田?)がコーナーにクリア。アレがいちおおっかけてはいましたが、けっこう距離もあったのでトラップして前にだしても?と思いますが、時間も考えてセーフティに行ったのでしょう。これが災い( ̄ー+ ̄)

コーナーを蹴るポンテ。ニアに闘莉男が走りこみ引き連れられるDF2人くらい。それを超えてワシントンジャンプ!、、、、を超えて、、、、、、、

ネットが揺れる!!


正直誰がゴールしたのかまったく分からんかった。ファーでホリがするする抜け出して取ったのかな?とかおもって放送を聞いてみると、やーまださん!ではないですか。

J's GOALのコメントなどによると、マグロンのマークを外し、ロサンジェルス栗原を蹴散らしてのゴールに蹴り込んだらしい。栗原おつ。


そうそう。前半見てて思ったが、奥が右に流れてくるシーンが多数。マルケスは当たり前のように左にいるし。そんなんなので久保の1TOPぽくなってました。右の吉田が、アレを警戒して引き気味になり全然攻撃に参加してなかったのが要因かと思います。奥が真ん中じゃないところでプレイしてもそんな怖くない。奥の良さは真ん中から両サイドに散らせる視野の広さなのに。外流れたら中は久保くらいしかターゲットいない状態だしね。

敵でよかったのは、上野。レッズでいう啓太のように中盤を動き回って攻撃の目を刈ってました。ロサンジェルス栗原はしょーーじき見えてない。松田、中澤には、やっぱうめーこいつら!ってシーンがいくつもありましたが、この子はどこにいるかよくわからんかったっす。あの発言であんなに注目されてるのに、哀れやのー。


そして後半。


負けてるのにバックラインでボールを回し、プレッシャーをかけられてはバックパスなマリノス。レッズサポは大ブーイング!そのプレッシャーに負けたか榎本がキックミスでシトンに直接パス。ガシガシドリブルして、ゴール前でDF2人をフェイントで振り切ってシュート!だけど、榎本がよく読んでキャッチ。これは決めたかったな。そんなファインセーブできるなら、凡ミスするなよなー。うまいか下手かわからへん。

都築のスーパーセーブがありつつ、ワシントンがゴール前まで持ち込み切り替えして松田がしりもち。中澤もかわしてドスーンとシュート。

これで2-0.

このへんからマリノスは人数かけて攻めてきます。松田も上がってきましたし。だけど、なぜかとりあえず中に放り込むサッカーを展開。とりあえず久保に当てて、そっからの展開を狙ったのか知りませんが、そんな単純なこっちゃイマのレッズのDF陣を崩せません。

サイドに開いても、坪井はめちゃはやで追いついておいそれセンタリングなんて上げさせませんし、ホリも粘り強くくっついてすっぽんディフェンス。マルケスやドゥトラに前向かせずにまともにプレイさせないのはすごい。

人数かけて攻めてくるので、前はがらがら。しっかり守ってガツンとカウンター。
わたわたするマリノスに、どっしり守るレッズ。爽快でした。あのマリノスの慌てっぷりとちぐはぐ感が。いまだに昔やられた時のイメージが心のどこかで残ってるけど、それと逆のことがレッズにできるなんて。と。

熱明けで強行出場の小野は、やっぱり運動量が少ないかなー。あれがイマの小野のプレイなのかもと最近やっと思うようになったけど、一気にばばーっと行きたい時もボール追わなかったりしてたし。期待値が高いからもっとできると思ってしまう。まだフィットしてないのかも。


後半ロスタイムに1点返され「またかよ!」としょぼーんとなるも。やってくれましたよ長谷部が!!


ハーフウェイラインくらいからドリドリして、ゴール前でパス交換して、目にも留まらぬ早抜きシュート!
しかも松田、中澤から後ろから追っかけられたのを振り切ったよー!やっばいハセ。代表に獲られるのも仕方ナいか?活躍してケガなく帰ってきてくれ。どーせ奪うのだったらならW杯だしてくれジーコ。

長谷部ユニ冥利につきるわー。あれなかったら、最後の失点っていう悪い流れのままで、この後の連戦が続きそうだったから、よくやったよーまじで。



今日のスタジアムは雰囲気がよかった。あ、もちろんレッズサポの。(マリサポなんてしらね。)残り10分からはまってましたのPride Of URAWA。試合前のウォーリアも場内放送に負けじとやれてたし。ワシントンフェズゴールもみんな歌える感じだったし。2Fに陣取って屋根に反響して自分らの声が返ってくるのもやっぱいいねぇー!We Are REDS!も開幕・ホーム開幕(広島・C大阪は休み)とやってなかったから、ひさびさだったしね。すげー楽しかったわ♪

ジャスティス光臨か?の噂もありましたが、主審は片山さん。シトンのハンドっぽいの見逃し?とかもあったきもしますが、かなり流す審判でよかったでした。流しすぎ?って思えるシーンもあったけど、他の審判に比べ物にならないくらいです。おつかれさまでした。ありがとうございました。


水曜のFC東京戦@駒場もチケゲットしたし。週末はグランパスもあるし。今週はレッズウィークですな。そのためにも仕事がんばらないとです。

第3節 負け組みです。はい。

103768613_23.jpg

103768613_41.jpg


レッズ、サンフレッチェに4-1の快勝!


だけど試合見てねぇー
アウェイ広島、時間と金の両方に問題でいけず。
テレビもスカパーのみって、当日14時にしったよ。


仕方ないので、テレビの速報狙いで
FC東京ー清水エスパルス
ヴァンフォーレ甲府ー川崎フロンターレ
をはしごテレビ観戦。


FCねぇ。ぜんぜんだめじゃん!
去年のが俄然いいよ。

ガーロ監督がポゼッションサッカーを目指してるようですが、
ラインの上げ下げがうまく言ってないし、 中盤でのパスミス
も多いし、各人のポジションが空きすぎて セカンドボールも
拾えない。。。

んで、自慢の攻撃にもスピードがない。
はっきり言って、今日のFCに見所なし!

悪い時ってのは得てしてそんなもんなのかもしれません。
去年のレッズの悪い試合もこんなんだったしな。

徳永のプレイを見てましたが、セーフティだなぁ。
シュートうちゃいいのに!!とウチのキャプテンな行動がしばしば。

4バックの右ですが、上がるタイミングはいい?(のかなぁ)
よく攻撃参加してるし、起点ともいえますが、
勝負仕掛けてこないので、あんま怖くないよーな。

守りはどーなんしょ?ほとんど攻めてた気がするし。
レッズがやるとなるとマッチアップは、アレっすよ!
けちょんけちょんにやっつけて欲しい。攻める隙なんて与えるなー。


対するエスパルスは、今日で開幕から3連勝しかも
3戦ともに失点0!天皇杯と同じメンバーで同じサッカー
をしてます。できてます。

中盤でのプレッシャーが早く、4バック+2ボランチの
守備はほぼ完璧。伊藤輝がすばらしい。 枝村がケガで
交代して、変わりに入った杉山も攻めも守りも大活躍。
枝村の普段をよくしらんが、杉山それでベンチ??って感じ。

攻撃もチェジョジンが強く、ミスターエスパルスの10番
を受け継いだ藤本もうまい! プレッシャーに負けるんじゃないか?
昔の緑の10番みたいに。(名前すらでてこねぇ。。)



で、もう一個の試合は、、、

祝!ヴァンフォーレJ1初勝利!
2試合で13点獲ってる川崎攻撃陣を無失点に抑えて改心の勝利。まぐれなんかじゃなくいい試合して勝ちました。

何がいいって、運動量でしょ。J2を戦い抜いた体力、精神力は伊達じゃない。相手が格上だとしても走りっ子じゃ負けない!泥臭くてもいい!って姿に感動したさ。

バレーは、ワシントンをパワー、高さ、うまさで一回りスケールを
小さくして、その代わりにスピードがあるって感じ。
今日のミドルはビューティフルでした。

右サイドの杉山の運動量は素晴らしかった!

で、川崎は、ジュニーニョがJ規格外です。早すぎ!
等々力では、要注意だなぁ。


写真は、やっと売ってるのを見っけた
ゲータレードのベアブリックです。
http://gatorade.jp/campaign/index.html

レッズだけ、ほんと見つからず、コンビニ行くたびに
チェックしてやっと見つけて買いました。


てか、

FC東京、大分の呪い早くも発動か!?!?

でも空気読まないからなーFCは。



第2節 浦和レッズ対ジュビロ磐田 @埼玉スタジアム

浦和レッズ ー ジュビロ磐田
  3   -   1
(前半2-0)主審;上川

得点

33分 田中 マルクス闘莉王
42分 三都主 アレサンドロ
61分 ロブソン・ポンテ

87分 茶野 隆行

レッズ 3-6-1
      ワシントン
         ポンテ
    伸二
アレ           
             山田
    長谷部 啓太

  坪井  闘莉男  堀ノ内

      都築


SUB:山岸、内舘、平川、相馬、酒井、永井、黒部

70分 三都主 アレサンドロ→平川 忠亮
80分 山田 暢久→相馬 崇人
83分 小野 伸二→黒部 光昭
----------------------------------------------

ジュビロ:4-5-1
      カレン
      名波
村井            西
 
    菊池  ファブリシオ

 服部 田中誠 金  鈴木(秀)

      川口

---------------------------------------
HT 田中 誠→茶野 隆行
56分 西 紀寛→太田 吉彰
68分 服部 年宏→中山 雅史

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レッズはここ3節まったく同じですが、今日はポンテがFW登録でした。アレが左上がり目、ヤマが右下がり目なポジション。途中からハセと小野の位置変えたようですが、始めはこんな感じ。

ジュビロは、気まぐれ天使山本監督のぶっつけ本番4バック。DFを4枚で安定させて、村井と西を攻撃に専念という作戦?でしょうが、カレン1TOP,名波トップ下?これで、点を獲れる気がしないのですが?? カレンにかける期待が大きいのでしょうか?それとも、まずは守備からということでしょうか?

人間力(山本監督)の試合後のコメント(by J's Goal)
~~守備も、組織としては崩れていなかった。(3対1という結果は)決定力の差。~~得点力の向上が今後の課題となるが、少し時間がかかるかもしれない。

まずは守備から?それとも福西が入ったらどうにかなると思ってる?福西に攻撃求めたら守備が崩壊すると思うのだが。。。ま、いっか。


と、試合前はジュビロに疑問を持ったが、前半30分位までは、レッズがまったく攻めきれない。ジュビロの中盤での出足が早く、パスがつながらない。完全に向こうペース。

その中で輝いていたのがアレックス。先週はボロくそ叩かれてましたが、今日は気合入ってた。もーキレキレだった。加地>>鈴木秀人なのか、今週のアレ>>先週のアレ。どっちの影響もあると思うが、左サイドで止められた覚えがない。ってくらい、サイドを駆け上がった。去年の天皇杯からたまーにやる、アレが中に切れ込んで、長谷部が左に流れるってパターンもあったかな?

だけど、始めの頃は、伸二はマークきついし、ポンテもつぶされるし、長谷部もパスのだしどころないし。とアレ以外のせめてがまったくなかった。 闘莉男が指示したみたいですが、いつのまにか、ハセと小野のポジションを入れ替えてました。

そっからきました。

長谷部からかな?ペナ右角付近からセンタリング。相手DFを越えて。。。。。。

ネットが揺れる!!


ワーワー\(*T▽T*)/ワーイ♪


リプレイ見たら、闘莉男のドンピシャダイビングヘッド。ゴン隊長ばりの体投げ出しでした!


こっからはだいたいレッズペースでしたね。

42分のFK。アレとワシントンの2人がキッカーとして立ってました。ん??ワシントン?伸二じゃなく?と思ってましたが、蹴ったのはアレ。

自分ちょうど反対側ですが真後ろあたりにいて思ったんですが、壁右より過ぎじゃね?アレが蹴るだろー!あれなら、壁の上じゃなくても左でヤマの上回したらゴール右隅にはいんじゃね?と思ってたら、その通りに入った!素人には壁の適位置なんでよーわかりませんがね。

これで2-0で前半終了。

後半は、だめジュビロ全開。走らない。すぐこける。

完全制覇したときの、美しさはどこへやら。。。ちょっと悲しい。

啓太のコメント(J's Goal)
3、4年前は磐田に合わせるようなサッカーしかできなかったが、いまは自分たちのやりたいような形で試合が進められるようになった。

まさに、そんな感じ。今日はレッズのサッカーで完勝でした。

後半は、川口orz ww

川口が「外出せ」っていったのが、追っかけたDFに聞こえなかったらしい。んでお見合いしてるところを、ポンテかっさらってゴール。

あれは、レッズサポーターのアシスト!(ってどっかの記事で書いてあった。)

ポンテのギアチェンジのうまさはすごい。「Jリーグの走りっこのサッカーもいいけど、力を抜くことも覚えないといけない。」的なことをオフによく言ってたけど、それをポンテはできてるのだよね。すごい。

後半の1失点は、3点獲って安心というか油断して、マークミス。ちょっと足が止まってました全体的に。

後半途中からは、平川!!
伸二ーヒラの清水商業ラインでパスがつながったときは、ちょっとうるっときた。 よかったなーヒラ!ヒラが大学行ってレッズ入ったときに、伸二は、オランダだったからなー。公式戦でのパスを受けたのは初めてだと思う。

伸二ーアレで左サイドに合わなかったのが数本あったのも、ヒラなら!?とちょっと期待してしまう。


その後は、相馬がレッズデビュー。まあお披露目程度だけど。


みんなの期待が高いからもあるだろうが、沸かせた。やつは。左サイドをゴリゴリ攻めあがったわ。1対1なら勝負に絶対行く!んで、2人に囲まれたのに抜きにかかって、ギリギリのところで、相手の足にボールが当たって「あ--!!)」って悔しがる姿。攻める意識が見える姿にレッズサポの多くが虜に。。。

まだまだ出し切れてないだろうし、かなり期待できます。

ただ正直、4バックの左でアレと併用のはどうかと思う。ギドはやらないだろうけど。レッズマガジンに相馬の特集くまれてましたが、

守備嫌い!

って公言しちゃってるし。アレと併用したら、左サイドの守備がさすがに厳しいかと。

去年のベルデー戦見た限り、相馬が守備してるイメージがまったくなかったのですが、今日は、かなり追っかけてましたよー!ギドに守備でだめだしされ、ストッパーまでやらされたので気合はいってます。

啓太バリに腰落としての1対1でのDFだったり、獲られたら追っかけたり。ヴェルディユースとかいって、サッカーエリートの集まりで、ほんと鼻たかいやつばっかですが、(田中ハユマとか特に)、相馬はよいぞー!エリート故の負けず嫌いっぷりを持ちつつ、腐らない心も持ってる!(ような気がする)

アレの守備は、イマイチだし。勝ってるときとかほんと守備しないで立ってるだけな時あるし。壁に立ちたがらないし。それに勝る攻撃が魅力なんですけど。相馬が同じ位攻撃できたら、守備の意識の差で、ほんとポジションうばわれかねないぞアレ!!守備もがんばれ!




黒部もデビュー。時間少なかったけど、ヘディングで体投げ出してガッツは見せた。 

こうなってくると、永井出番ないぞ。右で勝負するか、FWで勝負するか決めないとさ。



とまぁ色々ありますが。

191勝190敗33分


こっからでしょう!

今日は、レッズ友達ができてこれから観戦がますます楽しくなりそうです。

...read more

第1節 ガンバ大阪対浦和レッズ @万博記念競技場

ガンバ大阪  vs  浦和レッズ
  1    -    1
(前半 0-1) 審判:吉田

得点
2分 ワシントン
67分 加地 亮


レッズ 3-6-1
   シトン
  伸二 ポンテ
アレ     山田
 長谷部 啓太
坪井 闘莉男 堀ノ内
都築

SUB:山岸、内舘、平川、相馬、永井、黒部、岡野


ガンバ 4-4-2
  マグノ フェル
 二川    遠藤
   橋本 明神
家長 山口 シジク 加地
    藤ヶ谷


レッズは予想通り。SUBで酒井が抜けてウッチー復活。ガンバはゼロ杯で機能したほうの4バック。ツネ様ベンチおつ。


引分け。。。悔しいなぁ。試合後の選手の表情、そして挨拶来た時のレッズサポの拍手の仕方。そして「ゴールで俺達を熱くさせろ」コール。それが今日の試合を物語ってた。

レッズとしては勝てた試合を取りこぼした感。「たられば」がいくらでも出てきそうな試合。 それは選手もわかってるはず。ゴール裏もK氏が言うように、まだまだ声出てなかったし。来週に切り替えです!


試合のほうですが、万博のゴル裏が浅すぎて、2ゴール含め反対側はよく見えてませんということを前提にどうぞ。


開始直後にヤマのクロスをワシントンがヘッドで合わせて先制。

その後は、ゼロ杯と同様に、ガンバにポゼッションを取られがち。足元での確実なパス回しで、じわじわゴール前によってくる。フェルがボールもってドリブル突っかけてくれたのがレッズとしては助かった感じ。その間にゴール前固めて、ぐちゃっとして危ないシーンもあったけどね。

レッズはパスミスが目立つ。伸二は、確実に重たい。さすがに疲れてるっしょ?ポンテもいい時のようにボールが収まらない。ハセは目立たない。アレは、加地を抜けない。

そんなんで、攻め手がなーい。ワシントンにスルーパスが何回かあったけど、シトンそんなタイプじゃないしなぁ。走りこんで、ドーン!ってじゃなくて、いいとこでボールもって、ゴリゴリ突き進むタイプだし。


はっきり言って、よいところ少なかったんだけど、今回発見したいいところ。


相手コーナーでの、ワシントンのでかさ!

シトンがニアに立つんですが、ほとんどあそこではじき返したね。あんだけ背があれば当たり前っちゃそうなんですが、相手としては相当やりにくいでしょう。かと言って、遠めにゆっくりした球だしたら、闘莉男がいるしね。

後半に一本ファーに出されてフリーなのがあったけど、コーナーで、ドキドキするシーンは減るんではないかなーと思いました。


全体的に今日ダメだった理由として思ったのが、ナカに入ってくる選手がいない。 ↓にレッズ攻めるとして。○が選手。

   ○
 ○ ○ ○
○     ○
   ココ
  |goal|

こんな感じで、ゴールを取り囲んでそこそこ選手がいるんだけど、ゴール前に走りこんでくる選手がいない。ポンテも流れてボールもらったりするし、そうすると、小野やハセベとか中にこないとなんだけどね。

67分に点取られてからの15分は、ちょっとパワープレイだったけど、それができてた。あれだよなー。レッズがイマやりたいのはたぶん。 

中盤でボールが収まらないから、上がるタイミングもなかったって感じなのかなぁ。


ギドの意図を理解できてないのが、シトン→永井。ゼロ杯に引き続き永井の1TOP。 去年せっかく右ウイングハーフ?で開眼したのに。

ポンテ→ウッチーは、闘莉男を上げさせるためだと思うんだけど、やるなら80分位にはやってほしかったなー、同点なんだし、いい流れだだっし最後のほうは。


来週です。切り替え切り替えー!



試合開始前の時並びの時に、

「ガンバって子連れ多くね?」

とか思ってたら、きたこれ。



自由席すらがらスキなのに、SBのセンターより半分だけ、家族ずれに埋まる図。(見にくいですが) 去年のレッズの行ってないし、普段なんて知る由もないのですが、ファミリーに先着?で開放したと思われる。開幕から必死だなwwガンバ。 まあそうでもしないと赤く染まりますからね。

赤い人4割、青い人5割。他1割ってとこかな?まあ青い人の中には上のような人も含まれ、赤い4割はのほとんどは、関東からくるツワモノなので、スタジアムの雰囲気は知れてますが。。。


いつも思うが、ウォーリアで相手サポを黙らせるのは、快感。

来週のゴール裏がどうなるのか、若干不安ですが、一見さんに中心部取られるほど、レッズサポの皆様は甘くないはずなので、中心部は問題ないでしょう。あとは、周りがどんだけひっぱっていけるかだよな。
がんばろーっと。

とりあえず、ワシントンのチャントはゼロ杯&開幕で覚えたし。


ガンバチアガール。ガンバサポすら苦笑。バルーンとかやってるの、家族席?(勝手に命名)の一部だけじゃん。ハーフタイムでガンバ負けてるって時にあれやられたら、さすがにため息ですわ。 


は!?!?そのせいでレッズだめだったのか?もしや??





プロフィール

ぺんれっず

Author:ぺんれっず


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。