初期衝動浦和レッズROAD
浦和レッズサポーターの自分用メモ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


J第06節 浦和レッズ-京都サンガ@埼玉スタジアム

J第06節 浦和レッズ-京都サンガ@埼玉スタジアム

2009年4月18日19:04@埼玉スタジアム 41836人
浦和レッズ-京都サンガ
     1 - 0
(前半1-0):奥谷彰男

得点
7分 エジミウソ



浦和レッズ 4-4-2
------元気--エジミウソン-----
---直輝----------ポンテ---
-------阿部--啓太-------
-細貝-闘莉王-坪井--暢久
----------都築----------

58分 原口元気→高原直泰
86分 阿部勇樹→堀之内聖
89分 ポンテ→エスクデロ セルヒオ


京都4-4-2
----パウリーニョ--ディエゴ-----
--林------佐藤----渡辺--
----------安藤----------
-染谷---李---水本--角田-
----------水谷----------


前半のサッカーは、素晴らしくてすげぇぇぇ楽しかったなぁ。
フォメは、エジ1トップに原口・直輝・ロビー。
これが一番いけてる気がする。

相変わらずいろんなところに顔出してくれる直輝。
攻撃の時にはもちろにるし、守備でもいるし。
直輝いなかったらどんなサッカーになるんだろう?と不安になるほどです。
2007の啓太のような働きっぷりですな。

圧倒的なボール保持率から、細かいパスで崩そうとするも、
勇気を持ってコンパクトに守ろうとする京都を、なかなか崩しきることはできない。そんなときに、ロビーからの縦一本で、DF振り切ったエジが、GKより早くさわってのゴール。

ゴール前でパス回しだけして、シュートが少ない。という甲府のような状態になりつつあり、人数かけられたら守りきられそう不安だったのですが、裏狙うプレイが出て点が取れたのは良かったし、打てるときにミドルも打てたたし、かなりの前進を感じましたな。

坪井、トゥの守備も安定して見られたし。ノブヒサは、サイドバック楽しそうにやってるし、ちゃんと仕事するノブヒサは、ほんと日本トップクラスの選手だわ。


追加点がうばえないまま時が経ち、結局後半苦しくなって、押し込まれたけど、バー叩いたやつくらいだなぁ危なかったのは。

左SBの細貝が苦しいね。守備も攻撃も焦りが見えるし、カウンターで、左サイド誰も上がってないときに、ここ行けよ!!って思ったときに躊躇して結局行かなかったシーンとか見てしまったからなぁ。悪くは無いんだけど、今のチームに乗れてない感じがする。

スコア以上の完勝。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ぺんれっず

Author:ぺんれっず


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。